原文】
昨の非を悔ゆる者は之れ有り、今の過を改むる者は鮮(すく)なし。


【訳文】
過去になした誤りを後悔する者はあるけれど、現在の過失を改めようとする者は
極めて少ない。


【所感】
過去の失敗には気づくことができても、今現在の状態を正確に把握して
臨機応変な対応をする人は少ないものだ、と一斎先生は言います。


過去と他人は変えられない。


変えられない過去について憂いているばかりで、変えることができる現在の過ちを
看過してしまうことは残念なことですね。


ところが他人のことは客観的に観察できても、自分のこととなると
途端に盲目的になってしまうのが人間です。


いまここ、こそが大切です。


さて、ではいまを正しく生きるには、どうしたら良いのでしょうか。


それには、常に義を利に優先させる意識(=先義後利)を持つことだ。


小生はそう信じてボチボチやっております。。。