原文】
胸憶虚明なれば、神光四発す。


【訳文】
心の中がわだかまりがなく、きれいさっぱりしておれば、心の霊光が四方に輝きわたる。


【所感】
心の中にわだかまりがなければ、精神が四方に光輝く、と一斎先生は言います。


非常にシンプルな表現だけに、一斎先生の真意を読み取ることが難解な章です。


心に悪い考えが芽生えていたり、心がふさぎ込んでいるような状態では、周囲に悪い気を発散してしまうが、心が晴れやかでさっぱりしていれば、それとは逆に周囲にプラスのオーラをまき散らすことが可能である、ということでしょうか。


特にリーダーと呼ばれる人は、その組織の雰囲気(ムード)を作り上げているものです。


リーダーが快濶であれば、組織も活発となり、結果もついてくるでしょう。


一方、リーダーが暗い雰囲気を醸成していれば、組織も元気を失い、結果も出にくくなるはずです。


そういう意味では、リーダーは事あるごとに一喜一憂するのではなく、常に泰然自若でなければなりません。


これに関して、安岡正篤先生の座右の銘として知られる「六然」をご紹介します。(中国古代の学者 崔 銑(さいせん)の残した言葉と言われています。) 


六然(りくぜん) 

自処超然(じしょちょうぜん)
  自分自身に関しては、世俗の物事にとらわれないようにすること  

処人靄然(しょじんあいぜん)  
 人に接しては、相手を楽しませ心地よくさせること  

有事斬然(ゆうじざんぜん)  
 何か事があるときは、ぐずぐずしないできびきびとやること  

無事澄然(ぶじちょうぜん)  
 何も事がないときは、水のように澄んだ気でいること  

得意憺然(とくいたんぜん)  
 得意なときほど、静かで安らかな気持ちでいること  

失意泰然(しついたいぜん)  
 失意のときにも、泰然自若としていること


己は物事を超越し、他人には心で接し、有事の際も無事の際も、また得意のときも、失意のときも心おだやかに過ごす。


これは正に理想のリーダー像ですよね。


もちろん、小生にとっては、「得意憺然」が最大の課題であることは言うまでもありません。。。