原文】
理到るの言は、人服せざるを得ず。然も其の言、激する所有れば則ち服せず。強うる所あれば則ち服せず。挟(さしはさ)む所有れば則ち服せず。便する所有れば則ち服せず。凡そ理到って人服せざれば、君子は必ず自ら反りみる。我れ先ず服して、而る後に人之に服す。


【訳文】
道理のよくいきとどいた言葉には、どんな人でも服従しないわけにはいかない。しかしながら、その言葉に怒気のある激しいところがあると、聴く人は服従をしない。強制するところがあると人は服従しない。鼻にかけ威張るところがあると人は服従しない。自分の便利を計ろうとするところがある人とは服従しない。およそ道理が十分行き届いていても、人が服従しない場合には、君子たる者はよく自分自身を反省してみる。まず自分が自分の行為に満足して心から服従することができて、しかる後に、人が服従してくれるものである。


【所感】
道理の通った言葉には、人は受け入れざるを得ないものがある。しかし、その言葉に激しいものがあれば、人は受け入れない。強制的な響きがあれば、受け入れない。裏に含むことがあれば、受け入れない。己の便利を計ろうとすれば、受け入れない。道理が通っていても人が受け入れないとすれば、君子は必ず自らを反省する。まず自らが自分自身を正しくしてこそ、人はその人の言葉に従うものである、と一斎先生は言います。


これはリーダー論として読むと、非常に学ぶことの多い言葉です。


人の上に立てば、言葉でメンバーを導いていかなければなりません。


そして、ついつい己の分を超えたことを言いたくなるのも人情です。


実は、自分自身に自信がないリーダーほど、言葉を飾ることで、自分を立派に見せようとしてしまいます。


ところが、一斎先生も仰っているように、日頃のリーダーの行動はしっかりとメンバーに見られています。


したがって、言葉の中にある私情や言葉の裏にあるものも敏感に感じ取られてしまうのでしょう。


結局、自分の分際を超えたことをやろうとしたり、言葉だけを飾ってみても、それはすべて見透かされてしまうということです。


孔子はこんなことを言っています。


【原文】
子曰わく、始め吾人に於けるや、其の言(ことば)を聴きて其の行(おこない)を信ず。今吾人に於けるや、其の言を聴きて其の行を觀る。(公冶長第五篇)


【訳文】
先師は言われた。
私は今までは、人の言葉を聞いてその人の行いを信じた。だが今は、その人の言葉を聞いても、その行いを見てから信じるようにしよう。(伊與田覺先生訳)


この言葉は、弟子の宰我が立派なことを言う割には、行動が伴わないのを見て、自分も態度を改めるという件で発せられています。


言葉よりも先に、行動を正す。


リーダーが最も大切にすべき教訓と言えるでしょう。