【原文】
賢才を挙ぐれば則ち百僚(ひゃくりょう)振(ふる)い、不能を矜(あわれ)めば則ち衆人勧(はげ)むは、乗数なり。大臣を猜(そね)めば則ち讒慝(ざんとく)興り、親戚を疎んずれば則ち物情乖(そむ)くは、除数なり。須らく能く幾先を慎み以て来後を慮るべし。


【訳文】
賢才ある者を挙用すれば、多くの役人達は振い立って努力するようになり、才能の無い者をいたわりあわれむようにすれば、人々は自ら進んで善行をするようになる。これは世の中を良くするからして掛算ともいえるであろう。これに反して、大臣を疑いねたむようなことをすると、人をそしるような悪い心の者が出たり、親戚の者を疎んじ遠ざけたりするようなことをすると、世間の人々は自分にそむくようになる。これは世の中を悪くするからして割算ともいえるであろう。それで、人の上に立つ者は、物事がまだ起らない以前から、十分に慎重な態度をとって、来るべき後あとの事を心配しなければいけない。


【所感】
賢才ある者を重用すれば多くの役人は奮い立ってと努力する。才能無き者を憐れに思って対応すれば、多くの民衆は進んで仕事に励むようになる。これらは隆盛につながるので掛け算に譬えることができる。これとは逆に、大臣を疑い嫉むようなことをすれば、人々を讒言するような悪人が現れ、親戚の者を疎外すると世間の人々は自分に背くようになる。これらは衰退につながるので割り算に譬えることができよう。人の上に立つ者は、慎重に兆しを読み、後々に心配事が起こらないように配慮すべきである、と一斎先生は言います。


『書経』にある有名な言葉に、


野に遺賢無し


とあります。


これは、立派な人材は皆登用されているので、民間には残っていないという意味です。


つまり、有能な人材がその力を存分に発揮できる状態にあるということです。


このような環境にありつつ、弱者に対して寛容な態度で臨むなら理想の政治が行われていると言えるのだそうです。


一方、人材が正しく登用されずにくすぶっている状態であったり、血縁を疎んじたりすれば、好ましくない人材が蔓延り、正しい政治は行われないのだと、一斎先生は指摘されています。


これは政治だけでなく、企業においても同様に当てはまるでしょう。


社員さんには、一人ひとり分際があり、能力が違います。


能力の高い人材には存分に活躍してもらう一方で、それほど能力の高くない社員さんにも適所を与えるようなマネジメントを行えば、後の患いをあらかじめ取り除くことができ、機先を制することが可能になります。


リーダーとして強く心に留めておくべき大切な箴言です。