【原文】
窮む可からざるの理無く、応ず可からざるの変無し。


【訳文】
いかなるものでも究め尽くせないという道理は無い。また物事がいかに変化しようとも、それに対応できないということは無い。


【所感】
究め尽くせないような道理はなく、対応できないような変化もない、と一斎先生は言います。


この章を読んだとき、上杉鷹山公の言葉とされる下記の言葉を思い出しました。


為せば成る、為さねば成らぬなにごとも、為らぬは人の為さぬなりけり


意味はお分かりかと思いますが、敢えて訳せば、


何事もやればできるし、やらねばできない。できないのではなく、やらないだけだ。


となります。


とにかく難題にぶつかったときには、逃げずに、真正面から取り組んでみる必要があります。


仮にその時は結果が出なかったとしても、後にその努力が実を結ぶということもよくあります。


逃げてしまうと、課題を解決できないだけでなく、逃げてしまったという後悔の念も残るし、何も学べません。


小生は、大きな壁にぶつかった時、こう考えることにしています。


神様はとんでもない課題を与えてくれたな。でも、神様のことだから、必ずどこかに糸口を示してくれているはずだ。やるだけやってみよう。


そして、必ずこの歌を心で読み上げています。


憂きことの なおこの上に 積まれかし 限りある身の 力試さん