【原文】
「古の学者は己の為にす」と。故に其の言も亦固より己の為にし、又其の己に在る者を以て、之を人に語るのみ。之を強うるに非ず。今の立言者は之に反す。


【訳文】
『論語』に、孔子が「昔学問した人は、自分の修養のために学んだ」と言われた。それで、その言う所も、もとより自分の修養のためのものであったし、また自分が持っている考えを、ただ人に言うだけであった。そして、これを人に強いることはしなかった。これとは反対に、今の意見を述べ立てる人々は、昔の人のように自分の修養のためでもなく、人に知られんがために学問する人なのである。


【所感】
孔子は「古の学者は己の為にす」と言っている。したがって、古の学者が発した言葉もまた自分のためであり、自分自身の中にある考えを、他人に語ったのである。決して人に強いることはしなかった。今の発言者は、これと正反対のことをしている、と一斎先生は言います。


まずは、ここに取り上げた『論語』の言葉を掲載します。


【原文】
子曰わく、古の学者は己の為にし、今の学者は人の為にす。(憲問第十四)


【訳文】
先師が言われた。
「昔の学んだ人は、自分の(修養)のためにしたが、今の学ぶ人は、人に知られたいためにしている」(伊與田覺先生訳)


学問とは、本来自分の修養のために行なうべきものであって、人に誇るためにするものではない、ということです。


そして、同じように、自分の発する言葉も自分のために発するのであって、他人を感化しようなどとは考えてはいけない、と一斎先生は言います。


たとえば、自分より優れた技術や知識を持つ人をみたら、妬みや羨みの言葉を発するのではなく、自分の勉強不足、鍛錬不足を嘆き、反省の弁を述べる。


また、自分より劣った人をみたら、嘲りや蔑みの言葉を発するのではなく、自分も同じように見られていないかを顧みて、気を引き締める言葉を発する。


常に、矢印を自分に向けて自己修養に励むということが、本当に学ぶ人の姿であるということです。


そして、こういう人が発する言葉は、人に影響を与えたいと願う人が発する言葉に比較して、はるかに相手の心に響くのでしょう。


選挙が終わり、女々しい議員の怨み節を聞いていると、心からこう思います。


どんな時も、何があっても、矢印を自分に向けられる人であらねばならない。