【原文】
群小人を役して以て大業を興す者は英主なり。衆君子を舎てて而して一身を亡す者は闇君なり。


【訳文】
多くの小人物を使って大事業を興す人は英明な君主であるが、これに対して、多くの立派な人物を用いずに身を亡した者は暗愚な君主である。


【所感】
たくさんの小人物に役割を与えて大事業を起す人は英明な君主といえる。たくさんの君子のことばに耳を貸すことなくその身を滅ぼすのは、無能な君主である、と一斎先生は言います。


優秀なリーダーは、人材不足を憂うことなく、今いるメンバーの特性を見事にとらえて結果を出します。


ところが、無能なリーダーに限って、結果が出ないことを景気や人材のせいにして、矢印を自分に向けません。


100%とは言いませんが、結果を負う責任はリーダーにあると考えるべきでしょう。


本当に人材が必要なら、自ら動いて適材を探せばいいのです。


じつは、我々が思っている以上に優秀な人材は近くにいるものです。


自分に堂々と意見をぶつけてくるような人材に対して、しっかりと耳を貸すのか、遠ざけるのかは、リーダーの器次第です。


いわゆる諫臣の扱いの問題でしょう。


かつて、徳川家康公は


唯、人に君たるもの、賞すべきは、諫臣なり 


と言ったとされています。


会社や組織はリーダーの私物ではありません。


自分にとっての損得ではなく、世の中の役に立つことがどうかを判断の基準におけば、リーダーが判断で誤ることはないでしょう。