今日の神坂課長は石崎君に同行しており、一件目の訪問を終えて、車で次の施設まで移動中のようです。

もちろん、ハンドルは石崎君が握っています。

「そういえば課長、最近ビットコインの話をしなくなりましたね」

「おい、いきなり嫌なことを思い出させるなよ!」

「結構、大損をしたんですか?」

「大損ではないけど、カミサンに内緒でへそくりをつぎ込んだ結果、五分の一くらいになっちゃったよ」

「マジですか! あの頃、課長がお前も買えとか言ってたじゃないですか。買わなくて良かったです!」

「他に被害者がいないことを祈りたいよ」

「たぶん、ゼンちゃん(善久君)は買ったと思いますよ」

「マジで? それは悪いことをしたなぁ」

「まあ、自業自得です!」

「はい、おっしゃるとおりです」

「あの頃、『おくりびと』とか言われた連中は、今はどうしているのでしょうね?」

「調子に乗った奴は地獄に落ちてるかもなぁ。石崎、実力に見合わない富や地位を得ることは良くないな。長続きしないもんな

「はい。私も性格的には一発当てたいタイプなのですが、ガンちゃん(願海君)やゼンちゃんを見習ってコツコツやっていこうと思います」

「それが一番だよ。コツコツ実力をつけていかないとな。誰か有力者の力を借りて地位や富を手に入れても、かならずそのツケが後で回ってくるものだからな

「でも、課長。今は、佐藤部長がお休みで、チャンスなのではないですか?」

「チャンスというのは適切な言葉じゃないな。よい勉強をさせてもらっているという感じかな。俺はどうひっくり返っても、佐藤部長には適わないと思っているからな」

「意外と謙虚なんですね?」

「意外とは余計だ!」


ひとりごと

実は小生も小額ではありますが、ビットコインに手を出して損をしております。

この言葉は、地位や名誉や富を得たいと思っている人にとって、とても大切な言葉です。

世の中の道理に反した道を進んで、富や地位を得ても、所詮長続きはしないようです。

孔子が、「不義にして富みかつ貴きは浮雲の如し」と言ったのは正に至言です・・・。


【原文】
天を以て得る者は固く、人を以て得る者は脆し。〔『言志後録』第94章〕

【意訳】
自然の道理に従って得たものは確実なものであり、これに対して、人為的に得たものは脆くて弱いものである。

【ビジネス的解釈】
自分の力に見合った地位や富を得るのでなければ、仮に一時的にそれを手に入れても永続きはしない。


kabu_chart_smartphone_man_cry