今日の神坂課長は、総務部の西村部長とランチに出かけたようです。

「西村さん、ソフトバンク優勝おめでとうございます」

「おっ、なんだ、素直に敗北を認めるのか?」

「力の差は歴然でしたからね。ただし、やはりリーグ2位からの日本一というのは納得はできないですよ!」

「ルール上問題ないからな」

「その通りです。ソフトバンクが育成選手を上手に育ててチームを作るなら、巨人はFAと外人で補強します。お金を使ってはいけないというルールもありませんから」

「たしかにな。しかし、モラル上はどうかな?」

「2位から日本一だって、空気読めよって感じですよ!」

「負け犬の遠吠えだな」

「そうですね。実際にソフトバンクは強かったですよ。何て言うのかな、天を味方につけているなって感じました

「ほぉ、天を?」

「はい。すべての選手が働くときに働いて、すこしも無理をしていません。まるで天の意思を感じ、その意思のままに動くという感じですね」

「巨人は無理をしていた?」

「はい、故障明けの菅野を使ったり、経験不足の若手を使わざるを得なかったり、無理をしていました。もちろん先を見越しての戦いという面もあったでしょうが、やはり短期決戦ですから、一戦一戦に力を尽くさないとダメでしょうね」

「たしかにソフトバンクの選手は、常に戦況を読んで、どの場面でもベストの行動を自然に選択できていたな。それだけ普段からレギュラーだけでなく、控え選手もしっかりと練習し、状況判断を磨いていたんだろう」

「そうなんです。巨人は大事な場面でのエラーが目立ちました。それもすべて若手選手たちです。彼らにとっては辛いシリーズになりましたが、これを糧に来年は一皮むけた選手になって欲しいです」

「失敗からしか学べないこともあるからね」

「我が営業2課のメンバーにも、たくさん失敗から学んでもらいたいです」

「おお、神坂君も徐々に名将になりつつあるな」

「ありがとうございます。ただ、一つだけ言わせてください。工藤監督は決して名将ではないですよ!」

「なぜだい? 3年連続日本一だよ」

「考えてもみてください。あれだけの戦力が整っていて、2年続けてペナントレースでは2位ですよ。あの人は今のところ短期決戦に強い監督というだけで、まだまだ名将と呼ばれるレベルには達していませんよ」

「これまた負け犬の遠吠えだな。まあ、工藤監督も実際にそう思っているかもな」

「来年こそ、両チームがペナントを制して、真の日本一決定戦をやってもらいましょう!」


ひとりごと

勝負事においては、お互いに力が拮抗している場合、最後の最後は天を味方につけた方が勝つものです。

天を味方につけるとは、宇宙の摂理を体得し、それに逆らわない行動とをとるということでしょう。

本来、人間にはそうした知性や能力が備わっているのだ、と一斎先生は言います。

人事を尽くして天命を待つとは、やれるだけの努力をしたら、あとは宇宙の摂理に逆らわずに行動する、という意味なのかも知れません。

ところで、巨人とソフトバンクについては、準備段階で巨人はすでに負けていたように思います。


【原文】
天を以て感ずる者は、慮らざるの知なり。天を以て動く者は、学ばざるの能なり。〔『言志晩録』第83条〕

【訳文】
天の意志を感じるものは、考えずとも分かる知能である。天の意志を受けて動くものは、学ばずとも発揮できる能力である

【所感】
人間に生まれつき備わっている知能や能力を活用すべきだ。


ダウンロード (15)