今日の神坂課長は、佐藤部長の部屋にいるようです。

「昨日、ちさとに行ったんですけど、やっぱりお店は厳しいみたいですね」

「あー、神坂君も行ったの? 私は一昨日顔を出したよ」

「実家で親孝行しようかと言ってましたね」

「うん。ママらしいね」

「自分のことより常に他人を思いやれる人ですからね。それであれだけ美人なんだから、欠点がないですよ」

「そうそう、一斎先生はこう言ってるね。親に対するときは、自分のことは全て後回しにしなさい、とね」

「反省します。私はついつい親に上から目線で偉そうなことを言ってしまいます」

「私もそうだよ。ママを見習おう」

「はい」

「ちなみにこれには続きがあってね。我が子に対しては、自分を慎んで、良いお手本にならなくてはいけないんだそうだよ」

「うゎー、そっちの方がよりハードルが高いですね」

「難しいね」

「父親の威厳なんて、この時代に保つのは至難の業ですよ」

「女の子は、ある年齢になると父親と口もきいてくれなくなるからね」

「それは辛いですね。幸いウチは男二人ですから、それはないですね。ただ、完全になめられている気がしますけど」

「神坂君も同じことをお父さんにしてきたんじゃないの?」

「たしかにそうです! 自業自得かぁ。どうしたら息子たちに尊敬してもらえる親になれるのでしょうか?」

「本当は働いている姿を見せるのが一番良いのだろうけど、父親の働いてる姿を子供に見せる機会はほとんどないからね」

「そうですよね。それでいて酔っぱらって帰ってきたら、ただ酒を飲みに出掛けているのかと勘違いされますね」

「ははは。そこまでは思わないだろうけど、やっぱりお酒は控えめにしないとダメだね」

「親孝行も子供の手本となることも、どちらも大変なことですねぇ」

「肉親には特別な感情が混じるから、実は仕事の付き合いよりも難しいのかもね」

「結局、謙虚さを忘れず、自分を偽らず、一所懸命に働くしかないんですね」

「何事にも手を抜かず、精魂込めてね!」


ひとりごと

結局、親孝行をするにしても、子育てをするにしても、謙虚さと感謝の気持ちを忘れないことが大切なようです。

自分を生み、育ててくれた両親への感謝は当然こと、こんな不完全な人間の下に生まれてきて、親になる幸せをくれた息子たちにも感謝を忘れてはいけません。

うーん、そう考えてみると、息子たちに感謝の言葉を伝えたことはないですねぇ。

いざとなると、これは相当の覚悟と勇気が必要な気がします。


【原文】
親に事(つか)うるの道は、己を忘るるに在り。子を教うるの道は、己を守るに在り。〔『言志晩録』第228条〕

【意訳】
親に孝を尽くす道は自分を完全に消し去って親に接することにある。子供を教える道は、常に自分の行動や言動を慎み守って子供達の良き手本となることにある。

【一日一斎物語的解釈】
親に接するときは、自分のことを後回しにして親を優先し、我が子に接するときは、自分の行動を慎み、良き手本となるべきである。


dada_kosodate_komaru_woman