今日の神坂課長は、新美課長の相談を受けているようです。

「そうかぁ、相変わらず廣田は自分に自信が持てないんだな」

「はい。私から見たら決して社交性がないわけではないと思うのですが、本人は対人折衝が苦手だと感じているようです」

「要するに結果が出ないのは、対人折衝が苦手だからだと思っているわけだな?」

「えっ? 違うんですか?」

「よく、営業には向き不向きがある、なんていう奴がいるけど、俺はそうは思わない。営業という職種は間口が広いんだ。どんなタイプの人間でも成功できる職種だと思っている。そのかわり究めようと思えば果てしない世界ではあるけどな」

「もう少しわかりやすく教えてください」

「つまり、結果が出ていない営業マンというのは、自分の性格と目指すべき営業スタイルにギャップがあるんだよ。廣田のように話すのが苦手な人間が、流暢に製品説明をする営業マンを目指してしまう。それだと、途中で挫折してしまう」

「なるほど」

「しかし、世の中には話すのがそれほど得意でなくても、ちゃんと結果を出している営業マンだっているだろう。たとえば、お前もそうじゃないか」

「たしかに、若いころは、神坂さんや大累さんみたいにペラペラとあることないことを話すのを見て、私に同じことができるかなと思いました」

「あることないこと、は余計だ! 俺と大累は詐欺師か?!」

「あ、すみません。つい本音が・・・。それで、私はとにかく事実やエビデンスをしっかりと説明できる営業マンになるしかないと思ったんです」

「そういうことだよ。それを廣田に話してやってくれよ。きっとあいつが目指しているのも、俺たちみたいなあることないことを話す営業マンなんじゃないか?」

「きっとそうです」

「おい、そこは否定しろ。人間って自分の長所には意外と気づいていないことがある。それを教えてあげるのも上司の役割だ

「そうですね。彼の分析力は非常に優れています。それを活かした営業活動ができないかを一緒に考えてみます」

「その後の報告を楽しみにしているよ」

「ありがとうございます」

「ただし!」

「?」

俺たちリーダーは、自分の短所をしっかりと見極めて、それを矯正することを心掛けなければいけない。たとえば、俺の場合は、あることないことをペラペラしゃべってしまうことが欠点のようだから、ファクトとエビデンスを語ることを心掛けないとダメだろうな!」

「そうですね、是非頑張ってください!」

「おい、だから、そこは否定しろっつうの!!」


ひとりごと

一斎先生の『言志四録』の素晴らしさは、こうした章句にありますね。

普通の本だと、「短所を捨てて長所を見ろ」だけで終わることが多いのですが、一斎先生は違います。

ただし、「自分自身は短所の矯正を目指せ」と大切な言葉が付け加えられています。

他にも、「人各々分有り、当に足るを知るべし。但だ講学は則ち当に足らざるを知るべし。」という章句があります。

ただ、「人それぞれの分際を理解して足るを知れ」で終わりません。

「学ぶという事だけは、足るを知っていけない、常に不足を覚えよ」と諭してくれます。

これこそが、小生が『言志四録』に惹かれる最大の理由なのです。


【原文】
人各おの長ずる所有り、短なる所有り。人を用うるには宜しく長を取りて短を舎つるべし。自ら処するには当に長を忘れて以て短を勉むべし。〔『言志晩録』第244条〕

【意訳】
人にはそれぞれに長所と短所がある。人を使う際にはその人の長所を活用し、短所は用いないようにすべきである。自らが事に当たる場合は、自分の長所を忘れて、短所を改善するように励むべきである

【一日一斎物語的解釈】
同僚や部下に対しては、長所だけを見て活用することを心掛けよ。しかし、リーダー自らは自身の短所の矯正に務めよ。


communication_nigate_kaisya