今日のことば

【原文】
夜寝ぬるの工夫は、只だ静虚なるを要して、思惟するを要せず。夢中の象迹(しょうせき)は昨夢に続く者有り。数日前の夢を襲(つ)ぐ者有り。蓋し念慮留滞の致す所なり。胸中静虚なれば此等(これら)の事無し。

【意訳
夜、熟睡をするための工夫は、ただ心の中を空っぽにして、何も考えずに眠りにつくことである。夢に出てくるものは、昨日の夢の続きであることもあり、数日前に見た夢の続きである場合もある。思うにこれは思慮が胸中に留まっているからであろう。心を空っぽにすれば、こうしたことはなく、ぐっすり眠ることができよう

一日一斎物語的解釈
熟睡するコツは、何も考えずに心を空にして眠りにつくことである。


今日のストーリー

営業2課の石崎君が朝から大あくびをしています。

「週の頭から大あくびかよ」
神坂課長がからかっています。

「昨日は早く寝たんですけどねぇ」

「何か悩みごとでもあるのか?」

「え? なんでわかるんですか?」

「顔に書いてある。『私は悩んでますってな」

「マジですか?!」

「嘘だよ。おそらく熟睡できなかったから、目覚めが悪いわけだろ。熟睡できない原因のひとつに悩みがあるんだよ」

「なるほど」

「悩むと眠れなくなる、眠れなくなると余計に心身が滅入る。そして鬱になってしまうんだよ」

「私は鬱にはならないと思いますけど」

「そう言っている奴の方が鬱になり易いらしいぞ。自分が鬱になるわけないと思うから、手当も遅れがちになる」

「嫌ですよ、うつ病なんて」

「それなら寝る前は、楽しいことを考えて、心の中をプラマイゼロにしてから寝ろ」

「課長はそうしていますか?」

「普段はな。どうせ未来のことなんか自分の思い通りになるわけないし、まだ来てもいない未来を憂いても一銭にもならないじゃないか」

「さすがは、課長です。ザ・ノー天気って感じです」

「お前、それは褒めてないだろ!!」

「あ?」

「あ、じゃねぇよ! それで、悩みと言うのは俺のことじゃないだろうな?」

「全く違います。彼女とのことです」

「早く結婚して、って言われたんだろう?」

「げっ、なんでわかるんですか?」

「顔に書いてある。『僕は結婚すべきか悩んでいます』って」

「絶対、嘘ですよ!」

「ははは。バレた? でも、お前の彼女はたしか年上だっただろ?」

「何で知っているんですか?」

「俺の情報網をなめるなよ」

「ゼンちゃんだな、あいつ口が軽いんだよなぁ。課長、私はどうしたらよいでしょう?」

「恋愛感情というのは、3年くらいで無くなるらしい。だから、3年付き合って、それでも一緒にいたいと思ったら結婚すればいいんじゃないか?」

「いま、付き合って半年です。あと2年半も待ってくれるかな?」

「そこはお前の交渉力とあっちの能力次第だろ!」

「朝から下ネタですか!(笑)」


ひとりごと

精神のバランスを保つためにも、睡眠は大切ですね。

小生も過去に何人か、うつ病になった人を見てきましたが、総じて初期症状は眠れなくなることのようです。

実は、小生も最近眠りが浅くなって、常に眠気と戦っているような感じです。

しかし、これは悩みごとのせいではなく、加齢によるものなので、仕方がありません・・・。


sick_narcolepsy