今日のことば

【原文】
凡そ郡官県令たる者は、民に父母たるの職なり。宜しく憫恤(びんじゅつ)を以て先と為し公平を以て要と為すべし。委曲詳細に至りては、則ち之を属吏に付して可なり。故に又属吏を精選するを以て先務と為す。〔『言志耋録』第273条〕

意訳
総じて郡や県の長官である者は、民に対して父母のように接する職分にある。憐れみ恵むことを優先して公平に対処することが肝要である。細かい具体的な事項については、部下の官吏に任せてもよい。したがって、どういう部下を登用するかが重要な任務でもある

一日一斎物語的解釈
企業のトップは、社員を自分の子供のように慈しむべきである。我が子に優劣をつけないように、部下に対しても公平に対処すべきだ。注目すべき点は、どんな仕事に活用できるかを見極めることである。


今日のストーリー

今日の神坂課長は、社長室に呼ばれているようです。

「神坂、久しぶりだな」

「平社長、俺、何かやりましたか?」

「お前はいつまでそういうくだらないことを言ってるんだ」

「だって、社長が俺を呼ぶときは、大概お小言だったじゃないですか」

「お前が起こすトラブルは、他の社員さんとはレベルが違ったからな。俺が出て行って諭すしかなかったんだよ。しかし、それは過去の話だろう?」

「はい、私も私なりに少しは成長しているかと・・・」

「ははは、心配するな。ちゃんと成長しているよ!」

「本当ですか? ありがとうございます」

「俺はいつだって、お前を我が子だと思って指導しているんだ」

「はい、ひしひしと感じていますよ。時々は親父より怖いなと思う時もありますけどね」

「同じことをお前の部下も思っているだろうよ」

「そうですかね? 父親のように感じてもらえているかは不安です」

「佐藤が言うには、お前は本当に誰に対しても分け隔てなく叱り、分け隔てなく励ましていると聞いているよ」

「佐藤部長が?」

「お前の成長が嬉しいと言ってたぞ」

「やばい、泣きそう」

「それもこれも佐藤の辛抱強い教育の賜物だな」

「はい。社長が父親なら、佐藤部長は少し年の離れた兄みたいな存在です。本気で叱ってくれたし、一緒に喜んでくれる人です。私の身近にいる中では最も仁者に近い人だと思います」

「仁者か、そうかもな。しかし、いつまでも弟でいてもらっては困るぞ。お前には、もう少し大きい仕事をしてもらいたいからな」

「大きい仕事?」

「そのうちに任せるときが来るだろう。そのためにも、お前の今のポストを任せられる人材を見つけておけよ!」

「は、はい・・・」


ひとりごと

血のつながりのない人と家族同様に接することは、簡単なことではありません。

しかし、親であれば我が子を差別することなく、公平に扱うはずです。

会社においても、トップが父親のように社員さんに接するなら、真の家族経営を営むことも可能になるでしょう。

場合によっては、家族以上に一緒にいる時間の多いのが会社の上司であり、同僚であり、部下なのですから。


friends_obentou_suit