今日のことば

【原文】
道理は往くとして然らざるは無し。敬の一字は固と修身の工夫なり。養生の訣(けつ)も亦一箇の敬に帰す。〔『言志耋録』第287条〕

意訳
物事の道理というものは、どこへ行こうとも変わることのないものである。「敬」という文字は元来、自分の身を修めるための工夫を指す言葉であるが、摂生をする秘訣もまさにこの「敬」に帰するのだ

一日一斎物語的解釈
敬とは敬い、慎むこと。つまり、人間関係を良好に保つ秘訣であるだけでなく、自らも健康であるための秘訣なのだ。


今日のストーリー

今日の神坂課長は、新美課長とランチに出掛けたようです。

「新美、お前、最近太ったんじゃないか?」

「あ、バレました? 実は今年に入って、5kgも増えてしまったんですよ」

「5kgって言ったら、生まれたての赤ん坊よりはるかに思い体重だぞ。それはマズいんじゃないの?」

「リアルな例えすぎて、笑えませんね。たしかに、ちょっとダイエットしようかと思案中です」

「いいか、新美。尊敬の『敬』という字があるだろう。あの字には、人を敬うという意味とともに、身を慎むという意味もあるんだ。一斎先生によると、養生の秘訣も敬にあるんだそうだ」

「たしかに食べたいだけ食べていたら、慎むという鍛錬にはなりませんねぇ」

「昔の人は、『腹八分』と言ったようだけど、あれにはそういう意味もあったんだろうなぁ」

「耳が痛いです。最近は腹十二分くらいまで食べています」

「デブは寿命も短いぞ。相撲取りに長寿は少ないだろ?」

「そこまで太っていないですけどね」

「漫才コンビの爆笑事変の小田が脳梗塞で入院しただろ? あいつ、お菓子ばっかり食べてたらしいぞ」

「実は私もお菓子が大好きで・・・」

「ほらみろ。お前が倒れたら、営業1課の皆はどうするんだよ。ちゃんと節制しないとな」

「おっしゃるとおりです」

「はい、おまちどおさま。えーと、大盛りはどちら様?」

料理が運ばれてきたようです。

「あ、俺です!」

「そういう神坂さんも、ちょっと太ってきてませんか?」

「そう思うか?」

「多分、間違いなく増量中ですよ」

「実はさ。昨日、体重を計ったら、なんと先月から3kgも増えていたんだよ」

「神坂さん!! それで、よく人のことをデブ呼ばわりできますねぇ!」

「だって、お前は5kgだろ? 俺はまだ3kgだからな」

「そういうことじゃないと思いますけど・・・」


ひとりごと

腹一杯食べたいところをグッと堪える。

たしかに、これはかなりの修養になりますね。

コロナ禍で在宅勤務が増え、休日も外出しづらい環境下において、唯一の楽しみとなりがちな食事を控えるのは、なかなか難しいことです。

しかし、わが身を鍛えるという意味では、手軽で重要な鍛錬法かも知れません。


pet_fat_cat