今日のことば

【原文】
老人は耑(もっぱ)ら養生に拘りて卻って之を害す。但だ已甚(いじん)を為すこと勿れ。則ち是れ養生なり。〔『言志耋録』第309条〕

【意訳】
年をとると養生に拘り過ぎてかえって身体に害となることをしてしまう。とにかく行き過ぎとならないようにすることである。それこそが養生といえるのだ

一日一斎物語的解釈
何事もやり過ぎはかえって良くない結果を招きやすい。健康面も同じで、気を使いすぎればかえって身体を壊すことになる。


今日のストーリー

今日の神坂課長は、営業1課の新美課長と雑談中のようです。

「あれ、新美。お前、どうしたんだ。なんか、ちょっと老けた気がするぞ?」

「え、本当ですか? ダイエットのせいかな?」

「ははは。お前、ダイエットしてたのか?」

「神坂さんにデブって言われて、腹が立ったので、炭水化物を極力減らすダイエットを始めたんですよ。朝はゆで卵を1個、お昼はおにぎり1個、夜はおかずだけで米は抜き」

「それはキツイな」

「いつやるか、今でしょう、って感じです」

「古いな。でもさ、一気にやり過ぎじゃないの? 顔色も良くないし、本当に10歳くらい老けた感じだぜ」

「そういえば先日、息子の友達に、お爺ちゃんかって聞かれました」

「ははは。しかし、笑いごとじゃないぞ。それ以上続けると倒れちゃうんじゃないか?」

「そんなに顔色が悪いですか?」

「なんていうのかな、肌の色が土気色になっている気がする」

「たしかに最近、ちょっとフラフラするんですよね」

「ほら見ろ。無理するなよ。ダイエットのし過ぎで倒れたら、何にもなんないぜ」

「そうですね」

「健康に気を使うことは大切だけど、やり過ぎたらかえって身体を壊すことだってあるんだ」

「そういえば、神坂さんもジョギングを頑張り過ぎて、足を痛めてましたよね?」

「そうそう。何事もやり過ぎは駄目だ。過ぎたるは猶及ばざるが如しだ」

「ちょっと、ペースを落とそうかな」

「そうしろ。そうだ、もうすぐ昼飯の時間だ。今日は俺がうなぎをご馳走してやるよ」

「本当ですか。じゃあ、今日はダイエットを一時停止にして、ご馳走になります」

「うん。お前にだけ痩せられたら困るからな」

「そういうことですか。それなら、やっぱりお断わりします!」

「冗談だよ。後輩のことを心配している優しい先輩の心がわからないのか?」

「だって、今のニヤリとした顔、本当に悪い奴の顔でしたから・・・」


ひとりごと

小生もスーツのズボンがすべてきつくなってきたので、現在はプチ・ダイエット中です。

ただ、朝ごはんをゆで卵1個に代えただけですが、それでも2ヶ月で3~4kgほど落ちました。

かつては、過激なダイエットをして、リバウンドした経験もありますので、今回は無理せずに、時には美味しいものを食べながら、少しずつウエイトを落としていくつもりです。


waist_man_fat