今日のことば

【原文】
老を養うに酒を用いるは、醴酒(れいしゅ)若しくは濁醪(だくろう)を以て佳と為す。醇酒(じゅんしゅ)は烈に過ぎて、老軀(ろうく)の宜しきに非ず。〔『言志耋録』第311条〕

【意訳】
年をとった人の養生にお酒を用いるときは、甘酒の類かにごり酒が良い。日本古来の製法で醸造したお酒は、身体への影響も大きいので、老体には控えた方がよいであろう

【一日一斎物語的解釈】
年齢に応じた酒を選ぶことも養生のひとつである。


今日のストーリー

今日の神坂課長は、ひとりで「季節の料理 ちさと」にやってきたようです。

「あら、今日はひとり? めずらしいわね」

「うん。たまには、ママの話をじっくり聞かせてもらおうと思ってさ」

「それは逆よ。ここは、お客様が私に話を聞かせてくれるお店だよ」

「まぁ、硬いことは言いっこなしで。とりあえず、生」

「はい!」

しばらくして、生ビールと付きだしが運ばれてきました。

「そうだ、ママ。年寄りに合う日本酒はないの?」

「年寄り?」

「うん。親父に送ってあげようかと思ってさ。親父は日本酒しか飲まないと言っていいくらい、日本酒好きなんだけどね。最近、飲むと次の日がしんどいから控えるようにした、と寂しそうに言ってたんだよ」

「それなら、前に相原さんに紹介したお酒はどう?」

「相原会長に?」

「うん、あなたも一緒にいたと思うけどな」(第1103日参照)

「え、どんなお酒?」

『加茂金秀 特別純米13』というお酒。アルコール度数13度の原酒よ。最近低アルコールのお酒は若い人にも人気なのよ」

「へぇー。今あるの?」

「ちょっと待っててね」

ママがグラスを2つ持ってきたようです。

「あれ、なんで2つも?」

「もうひとつ、宮城の一ノ蔵さんの『一ノ蔵 ひめぜん』もあったから、両方飲み比べてみない?」

「そっちはどんなお酒?」

「これはアルコール度数8度の原酒。30年も前に開発されて、今も人気の低アルの日本酒なの」

「どれどれ」

神坂課長は両方をじっくりと飲み比べています。

「これ、本当に8度なの? ちょっと酸味があるけど、すごく飲みやすくていいじゃない。13度の方もいいけど、親父にはこっちがいいかなぁ?」

「開けてないボトルがあるわよ。持っていく?」

「ありがとう。でも、一升瓶を持って帰るのは大変だから、ネットで頼むよ。銘柄だけ控えさせて」

神坂課長はジョッターに銘柄をメモしています。

「きっとお父さん、喜ぶわよ」

「うん。やっぱりお酒の相談はママに限るな」

その後、神坂課長は『一ノ蔵 ひめぜん』をたらふく飲んで、ちさとママと楽しい時間を過ごしたようです。


ひとりごと

下戸の小生には、お酒の話は困ります。

このストーリーに関しては、ツッコミなしでよろしくお願いします。


himezen1.8