今日のことば

【原文】
凡そ事は度を過す可からず。人道固より然り。即ち此(これ)も亦養生なり。〔『言志耋録』第318条〕

【意訳】
総じてなにごとも節度を守って度を超すことを戒めるべきである。人間の道も当然同じである。これもまた養生のコツなのである

一日一斎物語的解釈
節度を保つことは、即ち養生となる。


今日のストーリー

今日の神坂課長は、大累課長と一緒に出張先で、京都で開催される研究会に来たようです。

「いやー、ホテルの朝食、ちょっと食いすぎました」

「お前、めちゃくちゃ食ってたよな。よく朝からあんなに食えるなと感心したよ」

「そういう神坂さんだって、ごはんお替りした上に、うどんとかやきそばとか食いまくってませんでした?」

「食ったよ。でもお前は大盛りの白米を3杯食ったよな?」

「明太子があると止まらないんですよね」

「やっぱりバイキングは駄目だな。つい食い過ぎちゃう。お前、なんでバイキングの朝食のあるホテルを選んだんだよ!」

「勘弁してくださいよ! 以前に普通の朝食付きのホテルを予約したら、ブチ切れたのはどこのどなたですか?」

「あれ、そうだっけ?」

「『せっかく出張に来て、バイキングじゃない朝食なんて、俺がいない営業2課みたいなもんだ』と意味不明なことを言って、めっちゃキレてましたよね?」

「意味不明ってなんだよ。わかりやすい譬えじゃないか」

「未だに理解できません!」

「ちっ、シャレの分からない奴だ。でも、俺たちも40代になったし、そろそろ食べ放題は卒業した方がいいかもな?」

「弱気ですね」

「お前さっき、明太子があればご飯を何杯でも食えるみたいなこと言ってたよな。でも、痛風になったら、あの手のものは全部NGになるらしいぞ」

「マジですか? それは人生の楽しみの半分を奪われるようです」

「ビールも飲めないし、魚介類もダメらしい」

「それは辛い! そうならない様にするには、節制しかないんですかね?」

「そのとおり。この年になったら、何事も節度を保つべきなんだ。それがそのまま身体のためにもなるわけだしな」

「といいながら、お互いにドカ食いをして、腹八分どころか、腹十二分くらいな状態ですね」

「午前中の研究会で寝ない確率は20%ってところだな」

「お昼はどうします?」

「お前な、出張に来て、ランチを抜くなんてあり得ないだろう! それじゃまるで、岡本のいないジャイアンツみたいなんもんだぜ」

「だから、譬えがわかりにくいんですよ!!」


ひとりごと

八十代となった一斎先生の言葉なだけに、養生に関する言葉が続きます。

さて、小生の周囲にも、痛風持ちの人が何人かいます。

大好きなビールも飲めず、魚介に魚卵系がほとんどNGだと聞きます。

そういう人に限って、魚介や魚卵が大好物で、時々リスクを冒して食べてしまい、翌朝は歩けないほど足が腫れるといったことをくり返しているようです。

節制は即養生につながるようです。


buffet_baikingu