今日のことば

原文】
生物は皆死を畏る。人は其の霊なり。當に死を畏るるの中より、死を畏れざるの理を揀(えら)び出すべし。吾れ思う、我が身は天物なり。死生の権(けん)は天に在り。當に順いて之を受くべし。我れの生るるや、自然にして生まる。生まるる時未だ嘗て喜ぶを知らざるなり。則ち我の死するや、応(まさ)に亦自然にして死し、死する時未だ嘗て悲しむを知らざるべきなり。天之を生じて、天之を死せしむ。一に天に聴(まか)すのみ。吾れ何ぞ畏れん。吾が性は即ち天なり。躯殼(くかく)は則ち天を蔵するの室なり。精氣(せいき)の物と為るや、天此の室に寓せしめ、遊魂(いうこん)の変を為すや、天此の室より離れしむ。死の後は即ち生の前、生の前は即ち死の後にして、吾が性の性たる所以の者は、恒に死生の外に在り。吾れ何ぞ畏れん。夫れ昼夜は一理、幽明(いうめい)も一理、始を原(たづ)ねて終に反(かへ)り、死生の説を知る。何ぞ其の易簡(いかん)にして明白なるや。吾人は當に此の理を以て自省すべし。〔『言志録』第137条〕

【意訳】
生物は皆死を畏れている。人間は万物の霊長であって、死を畏れる中から、死を畏れない理由を選び出す。私はこう思う。自分の体は天から授かったものである。生きるも死ぬも天に委ねられているので、素直に天命を受けるべきである。我々人間は自然に生まれ、生まれた時は、まだ喜びを知らない。死ぬのも自然であって、死ぬ時に悲しみを知らない。天が我々人間を生み、また死を与えるのであるから、死生は天に一任すべきで、別に何も畏れることはいらない。私の本性は天から与えられた物で、体は天物である本性をしまっておく部屋なのである。精気が一つの固まった物となると、天は、この部屋に寄寓するが、魂が体から遊離すると、天はこの部屋から離れていく。死ぬと生まれ、生まれると死ぬものであって、本性の本性たる所以のものは、いつも死生の外にあるから、私に死に対する恐怖はない。昼夜には一つの道理があり、幽明(死生)にも一つの道理がある。物の始めをたずねれば、必ず終りがあるもので、これによって、死生のことも知ることができる。なんと簡単明瞭なものではないか。我々はこの道理をもって、みずから反省すべきである。

【一日一斎物語的解釈】
「死生天にあり」、で自分の生死といえども自分で自由にコントロールすることはできない。すべて天に一任するしかない。自分の人生で生れることと死ぬことは一度しかないが、朝に一日が始まり、夜に一日が終わるように、様々な始めと終わりを経験して生死の意味を理解することができる。仕事において、しっかりと準備をもって始め、不測の事態に臨機応変に対応し、思い通りの結末を迎えることもあれば、そうでない場合もある。そのように、仕事からも物事の道理を学ぶことができるのだ。


今日のストーリー

今日の神坂課長は、落ち込んでいる梅田君を励ましているようです。

「梅田、そういう時もあるよ。俺はお前がしっかり準備をして商談に臨んだことは評価している。商談は他にもあるんだ、次の商談に活かそう」

「でも、課長。あれだけ準備をしたのに、こういう結果になるのなら、もうどうして良いか私にはわかりません」

梅田君は目に涙を溜めているようです。

「短期的な見方をすると、営業の神様って思っている以上に理不尽なんだよな」

「結局、営業の神様なんていないんじゃないですか?」

「梅田、俺の言葉をちゃんと聞いていたか?」

「え?」

「俺は、短期的な見方をすれば、と言ったんだ。長い目で見れば、やっぱり営業の神様って存在するとしか俺には思えないんだよ」

「どういうことでしょうか?」

「人間てさ、勝手に生まれて来ることもできないし、死ぬことを先延ばしすることもできないだろ?」

「はい」

「仕事の結果というのも、それと同じでな。自分ではコントロールできないんだよ。ただな、スポーツの世界で『練習は裏切らない』という言葉があるように、俺たちの仕事においても『準備は裏切らない』ものなんだ」

「でも、今回・・・」

「そうだ。短期的に見たら、今回はお前があれほど準備したのに、結果はロストとなった。でもな、その準備はこの商談だけで終るわけではない。お前の営業人生においては、ずっと蓄積されていくんだよ」

「次の商談で成果が出るということですか?」

「ははは。残念ながら次の商談かどうかはわからない。もっと先かも知れない。でも、確実にやったらやっただけの成果は出る。営業の神様はすべての営業人に平等だからな」

「わかりました! 今は結果を考えずに、自分にできる準備をしっかりやっていきます!!」

「そうだ、いつか必ず営業の神様が恵みを与えてくれるさ」

「神様、しっかり俺の仕事を見ていてくださいよ!!」

「さて、その前にお前らが陰口を叩いているカミサマから恵みを与えてやろう。飲みに行くぞ、石崎と善久を誘ってこい!」


ひとりごと

小生が師事する永業塾塾長・中村信仁さんは、「人は生まれて、生きて、死ぬ。このうち生まれることと死ぬことは自分ではどうしようもできない。ただ、生きることだけは自分で何とでもできる」と言っています。

仕事も同じかも知れません。

商談の発生も、最終的な結果も完全にコントロールすることはできませんが、そのための準備であれば、自分でなんとでもできるはずです。

結果に一喜一憂せず、自分ができること、すなわち準備に力を注ぐしかないのでしょう。


shimekiri_report_hakui_man