今日のことば

【原文】
我が身は一なり。而も老少有り。老少の一身たるを知れば、則ち九族の我が身たるを知る。九族の我が身たるを知れば、則ち古往今来の一体たるを知る。万物一体とは是れ横説にして、古今一体とは是れ竪説(じゅせつ)なり。須らく善く形骸を忘れて之を自得すべし。〔『言志晩録』第21条〕

【意訳】
わが身はひとつである。しかも少年時代と老年時代がある。この老少時代が同じ一身だとするなら、高祖から玄孫までの九代の親族もまたわが身であることがわかる。九代がわが身であることを知れば、昔から今に至るまでの人が一体であることが理解できる。万物一体とは横の説つまり空間から説いたものであり、古今一体とは縦の説つまり時間から説いたものである。人は皆、有限の形体にとらわれず、これらのことを深く自得すべきである

【一日一斎物語的解釈】
自分の身体には、先祖が脈々と受け継いできた血が流れている。それを縦のつながりとするなら、万物と同じ宇宙の摂理を抱いていることは、横のつながりと言えよう。つまり、わが身と古今の人物とは一体であり、また万物とも一体なのだ。決して、自分ひとりでは生きられないことを肝に銘じるべきである。


今日のストーリー

今日の神坂課長は、営業2課の石崎君と同行しているようです。

「石崎、お前のご先祖様を20代遡ると、ご先祖さんの数は何人になるか知ってるか?」

「20代ですか? それって何年前になるんですか?」

「仮に1代を30年とすれば、600年前ってことかな」

「何時代ですか?」

「たぶん室町時代か戦国時代くらいじゃないか?」

「そんな昔の話ですか?」

「時代は関係ないだろ! 20代遡ったら先祖が何人になるかを聞いてるだけなんだから!」

「親が二人で、その親がそれぞれに二人いると考えて計算していくと、かなりの人数になりますよね。たぶん10万人くらいじゃないですか?」

「甘いな、小僧! 答えは、100万人だ」

「そんなに?!」

「さらにあと少し遡って27代前になると、なんと1億人を超えるんだぞ」

「そんなに増えるんですか? すごいですね。その途中の誰かひとりでも早く亡くなっていたら、私は生まれていないってことですね?」

「そうなんだよ。俺たちの身体は、先祖代々脈々と血を受け継いできてくれたからこそ、ここに存在するんだよ」

「戦争や災害を乗り越えてきてくれたから、今ここに生きていられるんですね」

「そう考えたら、俺とお前もどこかで血がつながっているかも知れないぞ」

「まさかとは思いますけど、絶対違うとも言えませんね」

「ご先祖様も俺たちも同じ血が流れている。同じように、この世のすべてのものには同じ道理が通っている。それを宇宙の摂理と言うらしい」

「すべてはひとつから生まれたってことですか?」

「おー、お前は時々鋭いことを言うな。きっと、そういうことなんだろうな」

「なんだか、ご先祖様を疎かにしていることで気が引けてきました。来年のお盆はお墓参りに行くことにします!!」


ひとりごと


27代遡るとご先祖様の数は、1億人を超えるというのは驚きですね。


そういえば、孔子の家系図はかつてギネスブックに、「世界一長い家系図」として掲載されたそうです。


その数なんと200万人。


我々の身体に脈々と流れる血の不思議をあらためて思い知らされます。


この身体は奇跡の連続の中に存在しているのですね。


gosenzosama