一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2015年02月

第16日

【原文】
栽(う)うる者は之を培う。雨露固より生生なり。傾く者は之を覆す。霜雪も亦生生なり。


【訳文】
植えた物はこれを培い養ってやるべきで、降る雨や露はいうまでもなくいきいきしていて、植物の生長を助ける。また根が傾いて生長の望みのない植物は倒れてしまう。これを倒すところの霜や雪もまたいきいきとしている。


【所感】
ここも佐藤一斎先生の深い宿命論から発せられた言葉です。


人の一生は、植物が自然に逆らうことができないのと同じように、成り行きに任せるしかない、ということになるでしょうか。


かつて大ベストセラーとなった『夢をかなえるゾウ』の中でガネーシャという神様は、主人公に対して以下のような教えを与えています。


他人が起こす出来事、自分の身の周りで起きる出来事には自然の法則が働いている。
自然の法則を変えることはできないので、自分自身を変え、自然の法則に適応するしかない。
つまり成功するために重要なことは、自然の法則と自分のズレを矯正することである。


この自然の法則のことを、時には神様と呼び、仏様と呼び、お天道様と呼び、サムシング・グレートと呼ぶのでしょう。


さて、この章も深読みをしてみると、以下のように解釈することができるのではないでしょうか。


自然の成り行きを恨んでみても始まらない。まずは己を磨き、自然の法則に逆らうことなく、常に原因を自分の言動に求め、少しでも世の中のお役に立つ生き方をするよりほかはない。


小生はこう理解して、その時その時の境遇を楽しみたいと思います。

第15日

【原文】
辞(ことば)を修めて其の誠を立て、誠を立てて其の辞を修む。其の理は一なり。


【訳文】
経書(四書・五経)における聖賢の言葉の意味をよく修め会得して、誠の道を立てて修養に努めるのと、誠の道を打ち立てて聖賢の言葉を修得するのとは、先後の別はあるが、どちらも道理は同じといえる。


【所感】
これは知識から入るか、実践から入るかは問題ではなく、どちらから入るにしても知識修得と実践を共に行わなければならないという教えだと小生は理解をしています。


そう考えるならば、これは陽明学における知行合一の教えそのものです。


佐藤一斎先生は昌平黌という現在でいえば東京大学にあたる幕府直轄の教育機関のトップの地位にあった方です。
もちろん当時の幕府公認の学問は朱子学であり、陽明学は異端の学とされていました。


しかし一斎先生は、陽明学にも理解を示し、双方のエッセンスを取り入れたバランスの良い教育をされました。


このため、当時は「陽朱陰王」(朱とは朱子学、王とは王陽明、すなわち陽明学を指します)と呼ばれていたそうです。(この呼び名については、親しみを込めてそう呼ばれたという説と、揶揄であるという説があります。)


こうした背景もあり、一斎先生門下からは朱子学者よりも、佐久間象山や山田方谷に代表される陽明学者の方が多かったそうです。


そのようなわけで、『言志四録』にも陽明学的な教えが数多く収載されています。


さて小生は日頃より、勤務先において研修を行う際には、


インプットなくしてアウトプットなし


とよく話をします。


なにか新しいことをやるなら、まずインプットが必要であるという意味です。


しかしこの一斎先生の教えを噛みしめてみると、まずアウトプットしてみて自分の足りなさに気付き、その不足点に関するインプットをするということでも良いことに気付かされました。


これは小生にとっては、非常に大きな学びとなりました。

第14日


【原文】
吾れ既に資善の心有れば、父兄師友の言、唯だこれを聞くところの多からざるを恐る。書を読むに至っても、亦多からざるを得んや。聖賢の云う所の多聞多見とは、意正に此(かく)の如し。


【訳文】
自分に資善の心をもっておれば、父兄や師友の言葉を聞くことの多くないことをただ心配するだけである(なるべく多く父兄や師友の言を聞こうとする)。また読書についてもなるべく多くの書を読もうとしないわけにはいかないではないか。聖人・賢人が言った多問多見の真の意味は正しくこのようなものであろう。


【所感】
資善の心とは、他人の善言善行をとって自己の善としようとする心、のことだそうです。


一斎先生は、他人の欠点ではなく、長所を見て、徹底的に学びとろうとする姿勢を重くみています。


もともと「学ぶ」ということばは、「真似ぶ」ということばが語源だという説があります。


学ぶとは、その本質を理解することに他なりません。
ただ単に言葉を暗記するとか、行為をモノマネするだけでは、学びではありません。


孔先生も言われるように、疑問に思う所は徹底的に取り去り、その本質をえぐり出すまで思索し、実践することが求められます。


つまり、真の多聞多見とは、常に現状に満足せず、学び続ける姿勢を貫き続ける人のみがたどり着ける境地であって、決して知識をひけらかすことではないということです。


小生にとっては重い戒めの章です。

第13日


【原文】
学を為す。故に書を読む。


【訳文】
学問をして修養や処世に役立てようとする。そのためにあらゆる書物を読むのである。


【所感】
とてもシンプルに学問をする理由が述べられています。


なぜ学ぶのか?
それは自分自身の修養のためであり、世の中を生き抜いていくためである。
そしてそのために読書をするのである。


学問の目的が立身出世であり、読書がその手段となるようではいけない、と一斎先生は言います。


中国古典の『荀子』には、


「君子の学は通ずるが為めに非ず。窮するとも困まず憂うるとも意の衰えず、禍福終始を知りて心の惑わざるが為めなり」


とあります。


君子の学問とは、立身出世のためにするのではない。窮するときも苦しまず、幸福なときも驕らず、物事には始めがあれば終わりがあることを知って、どんなときも平静な心で対処できる人間となるために学ぶのだ、という趣旨の言葉です。


また、森信三先生は、常々”読書は心の食物である”として、


一日不読 一日不喰
(一日読まざれば、一日食わず)


という言葉を残されています。


人は平生、食を欠けば騒ぎ立てるのに、心が渇していても一向気にしないのは不思議なものだとも言われています。


窮するときに濫れるのは小人である、と孔先生は言います。


窮すれば乱れ、幸福のときには調子に乗る小生はまさに小人です。


だからこそ学ぶことで、少しでも君子に近づきたいと願っているのです。

第12日

【原文】
三代以上の意思を以て、三代以上の文字を読め。


【訳文】
三代以上のすぐれた見識をもって、三代以上の宇宙に宿る大精神を読みとれ。


【所感】
少し解釈の難しい章です。


三代とは、中国古代の夏・殷・周の三王朝のことです。


歴史は繰り返す、と言います。
歴史を学ぶことで、その奥に潜む永遠の摂理を読み取らねばならない。


一斎先生はそう教えてくれます。


この歴史とは国史や世界史といった国の歴史だけでなく、社史すなわち我々が勤める会社においても然りで、過去の社史の中に創業者の想いや、諸先輩方の努力を読み取り、目の前にある困難を乗り越えるための糧とすることが求められます。


さらに個人史を振り返ることで、自分自身の過去の出来事についても、しっかりとその意味を捉えておかなければなりません。


変転する世界の中に不変の摂理を読み取る。


この章をこのように解釈するのは、読み過ぎなのでしょうか?
プロフィール

れみれみ