一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2015年03月

第47日

原文】
君の臣に於ける、賢を挙げ能を使い、与(とも)に天職を治め、与に天禄を食(は)み、元首股肱(ここう)、合して一体を成す。此(これ)を之れ義と謂う。人君若し徒(いたずら)に、我禄俸を出(いだ)し以て人を養い、人将に報じて以て駆使に赴かんとすと謂うのみならば、則ち市道と何を以てか異ならん。


【訳文】
人君たる者はその臣に対して、賢者を挙用し、有能者を使って、それらの者と共に、天から与えられた職務を尽くし、共に天から授かる俸禄をもらい受け、元首の君主と輔佐する臣とが一体となって、国家のために尽くすことを義というのである。
しかし、もし人君が徒らに、自分が俸禄を出して人民を養っているから、人民らはその恩義に報いんとして、自分の命のままに追い使われようとしているだけのことであるというならば、それは利益だけを考えて道義的観念を無視する商売の道と別に異なることがあろうか。


【所感】
人の上に立つ者は、客観的な視点で賢者あるいは有能者を登用し、上下関係を忘れて共に働くことが肝要であり、それを義と呼ぶのである。ところが上に居るからという理由だけで、下位者に対して自分の家来のように取り扱うのであれば、それは義を忘れて利にはしる商人と同じレベルとなってしまう、と一斎先生は言います。


ここでは、現在の仕事を天職と捉えて、上下の区別なく共に天命を尽くし、共に天から俸禄を頂くのだという捉え方が大変重要です。


一斎先生は、政治の話として語られていますが、一般的な私たちの社会における仕事においても、こうした意識をもってリーダーがメンバーに接するのであれば、その職場は良好な環境で素晴らしいアウトプットを生み出すでしょう。


以前にも


「立場の上下は認めても、人間そのものの上下は認めない」


という仏教の言葉を紹介しました。


リーダは決してメンバーを私物化(私有化)してはいけません。


リーダー自らがメンバーと共に働く姿勢を明確にすることの重要性に、あらためて気づかせてくれる箴言のひとつと言えます。

第46日

原文】
土地人民は天物なり。承けて之を養い、物をして各おの其の所を得しむるは、是れ君職なし。人君或いは謬(あやま)りて、土地人民は皆我が物なりと謂いて、之を暴す。此を之れ君、天物を偸(ぬす)むと謂う。


【訳文】
土地や人民は天から授かったものである。これを天から受けて養い、万物をして各々その安んずる所を得せしめるのが、人君たる者の務めである。ところが、人君が誤って、天物である土地や人民は、ことごとく自分の私有物と考えて、乱暴なことをすると、その行為は天物を盗むものというべきである。


【所感】
土地人民を私物化してはいけない。天からの授かりものとして丁重に養い育て、安定化を図ることは君としての責務である。私物化をして乱雑に扱うようでは、天からの授かりもの盗む行為に等しいのだ、と一斎先生は言います。


J・F・ケネディ大統領が自身の尊敬する人物であるとしてその名を挙げた、米沢藩主の上杉鷹山公は、次期藩主の治広公に家督を譲る際、伝国の辞として下記の三項目を申し渡したそうです。

 
一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候
一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候
一、国家人民の為に立たる君にて君の為に立たる国家人民にはこれ無く候


決して民を私物化することなく、むしろ君が人民のためにあるのだ、ということを示された言葉です。


一斎先生のこの言葉を読むたびに、この上杉鷹山公のことが思い出されます。


ビジネスの世界においても、リーダーはメンバーを自分の所有物だなどと思い上がってはいけません。


メンバーのためのリーダーである、という意識をもって組織を引っ張っていくことが求められます。

第45日

原文】
寵過ぐる者は、怨(うらみ)の招なり。昵(じつ)甚だしき者は、疎んぜらるるの漸なり。


【訳文】
人から寵愛され過ぎると、かえって怨を招くことになる。また、余り親しみ過ぎると、かえって疎遠になる。


【所感】
人間関係は適度な距離を保ってこそ長く続くものだ、と一斎先生は言います。


小生も少し前に、とある方とあまりにも親しみ過ぎたために、かえって適度な距離を失い、急速に関係が悪化し、社交を断絶するという経験をしました。


リーダーとしてメンバーを寵愛し過ぎれば、そのメンバーは他のメンバーに対して優越感をもち、それが言動に現れます。


それによってメンバー間の距離感の均衡が破られ、険悪なムードを誘発することになります。


あるいは親しみが過ぎると、今まで見えていなかった欠点が目に留まりだし、嫌悪感を抱くということもあるでしょう。


営業人の場合は、お客様とも適切な距離感で接することが求められます。


馴染み過ぎると、適切な利益を確保できないなどの弊害も生まれます。


お客様と友達付き合いをすることを否定するものではありませんが、あまりオススメしない所以です。

第44日

原文】
得意の時候は、最も当に退歩の工夫を著(つ)くべし。一時一事も亦亢竜有り。


【訳文】
自分の望み通りになった時こそ、一歩後退する配慮がなければならない。
一っ時でも一つの事でも、高く昇りつめた龍(栄達を極めた身分の者)は、総て必ず衰退の悔(かい)というものがある。


【所感】
得意の絶頂に居続けることはできない。おごれる者久しからずで真っ逆さまに転落しないように、一歩退き、人に譲る心持ちがなければならない、と一斎先生は言います。


『易経』には


亢竜悔あり


とあります。


その意味は、盈(み)つるものは必ず欠ける道理であって、決していつまでも久しくその状態を保つことはできないという意味です。


奢れる者久しからず、で退くことを考慮しておかないと、必ず悔やむ時がくると指摘しています。


また、引き際の美学という言葉もあります。


リーダーたるものは、いつも自分の引き際を考慮し、いつかは自分を超えていくであろう後進を育てなければなりません。


リーダーは孤独なのです。

第43日

原文】
昨の非を悔ゆる者は之れ有り、今の過を改むる者は鮮(すく)なし。


【訳文】
過去になした誤りを後悔する者はあるけれど、現在の過失を改めようとする者は
極めて少ない。


【所感】
過去の失敗には気づくことができても、今現在の状態を正確に把握して
臨機応変な対応をする人は少ないものだ、と一斎先生は言います。


過去と他人は変えられない。


変えられない過去について憂いているばかりで、変えることができる現在の過ちを
看過してしまうことは残念なことですね。


ところが他人のことは客観的に観察できても、自分のこととなると
途端に盲目的になってしまうのが人間です。


いまここ、こそが大切です。


さて、ではいまを正しく生きるには、どうしたら良いのでしょうか。


それには、常に義を利に優先させる意識(=先義後利)を持つことだ。


小生はそう信じてボチボチやっております。。。
プロフィール

れみれみ