一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2015年11月

第291日

原文】
凡そ大硬事(こうじ)に逢えば、急心に剖決(ぼうけつ)するを消(もち)いず。須らく姑く之を舎(お)くべし。一夜を宿し、枕上に於いて粗(ほぼ)商量すること一半にして思を齎(もたら)して寝(い)ね、翌旦(よくたん)清明の時に及んで、続きて之を思惟すれば、則ち必ず恍然として一条路を見ん。就即(すなわ)ち義理自然に湊泊す。然る後に徐(おもむろ)に之を区処すれば、大概錯悞(さくご)を致さず。


【訳文】
総て非常に困難な事に出会ったならば、心をあせらせて解決してしまう必要はない。しばらくそのままにしておかなければいけない。一晩そのままに留めおいて、寝て枕もとでざっと半分くらい考え、そのことを考えながら寝て、翌朝心がさっぱりしてさわやかな時になって、引き続いてこれを考えてみると、必ずぼんやりと一条の解決の道が見えてくる。そうなると、困難な事の筋道(道理)が自然に心の中に集まってくるものである。それから、ゆっくりと難問題を一つ一つ処理して行けば、たいていは間違いを起さない。


【所感】
全て困難なことに直面したときは、急いで解決しようとすべきではない。しばらくはそのままに、しておくのが良い。一晩そのままにして寝て、枕元でざっと考えて考え事を中断したまま眠りに就き、 翌朝清々しさのなかで続きを考えれば、必ず一すじの光を見出すであろう。つまり正しい道理は自然にひとつに帰結するのである。それからゆっくりと一つひとつ処理していけば大概のことは間違いなく処理できるものだ、と一斎先生は言います。


『孟子』告子篇には、


平旦の気(夜気ともいう)すなわち夜明けの清明な気があり、それがつまり良心である、という意味の文があります。


また、王陽明先生の『伝習録』巻下六八条にも、


良知は夜気に発するに在りては、方にこれ本体、その物欲の雑なきを以てなり。


とあります。(『日本思想体系 佐藤一齋・大鹽中齋』より)


一斎先生は、これら古典の解釈をベースにしてこの章を書いているようです。


ここで重要なことは、夜明けの気には人間の良知を引き出す力があるから、それを存分に活用するべきである、ということです。


人間は寝ている間も脳が思考を止めることはありません。


難しい本を読んで寝ると目覚めが良くないのは、睡眠中も脳は本の内容について考え続けるからなのだそうです。


これを読んで思い出すのは、過去に何度も紹介しております坂村真民先生のルーチンです。


坂村真民先生は、毎日真夜中に起床し、雨の日も風の日も重信川(愛媛県)のほとりまで出向き、地面に額をつけて自然のパワーを享受した後、詩を書いていたそうです。


おそらくは真民先生も、夜気を存分に活用されていたのでしょう。


難問解決の際には、あまり早急な解決を求めず、せめて一夜くらいは間を置いて、夜気(夜明けの気)の力を存分に活用してみるのも良いのかも知れません。

第290日

原文】
下情に通ずるの三字は、当に彼我の両看を做(な)すべし。人主能く下情に通達す。是れ通ずることに我れに在り。下情をして各おの通達するを得せしむ。是れ通ずること彼に在り。是(かく)の如く透看すれば、真に謂わゆる通ずるなり。


【訳文】
下情(下々の人情や風俗)に通ずるというこの三字(通下情)は、彼と我れとの両方について見なければいけない。上の者がよく下の事情に通じているという「通」は我れの側にあるので、下の事情を各々我れに通ぜしめるという「通」は彼の側にあるのである。


【所感】
通下情という三文字は、相手と自分との双方を念頭に置かなければならないということを意味している。人の上に立つ者がよく下の事情に通じるというときの「通」は我の側にあり、下の事情をそれぞれ我に通じさせるというときの「通」は相手の側にある。このように理解するのであれば、相手と自分との見透しがついて、真の意味で下情に通じているといえるであろう、と一斎先生は言います。


やや難解な章です。


組織論に置き換えてみましょう。


リーダーがメンバー各々の個別事情をよく把握しているという組織は、いわゆる風通しの良い組織といえるでしょう。


しかしここで大事になってくるのは、リーダーがメンバーの事情を聴きに行くのではなく、自然とメンバーからリーダーに相談が上がってくる環境にあるかどうかです。


そもそもメンバー一人ひとりに興味を持たないようなリーダーではどうしようもありませんが、意外と分かっているつもりで分かっていないのが実情ではないでしょうか。


またリーダー自身が自ら胸襟を開いて、己を開示することも重要です。


こちらの腹の内は隠しておいて、メンバーをうまく働かせようなどと考えていれば、それはメンバーに見透かされて、メンバーも心を閉じてしまうはずです。


下情に通じる、という言葉ひとつを取り上げる場合でも、多面的に捉えることが必要だということを、ここで一斎先生は教えてくださっているのでしょう。

第289日

原文】
養生の道は、只だ自然に従うを得たりと為す。養生に意有れば、則ち養生を得ず。之を蘭花(らんか)の香に譬う。嗅げば則ち来らず、嗅がざれば則ち来る。


【訳文】
心身を養い長寿を全うする方法は、ただ自然のままに任せておくのが得策である。もしも養生をしようとする意志がはたらくと、かえって養生にはならない。これを譬えていえば、蘭の花の香のように、香を嗅ごうとすると匂うて来ないし、嗅ごうとしないと自然に匂うてくるようなものである。


【所感】
養生の道は、ただ自然に任せておくことである。もし養生をしようとする意志があると、かえって養生にならない。これは、蘭の花の香りは 嗅げばかえって匂って来ないが、 嗅がないと自然に漂ってくるということと同じである、と一斎先生は言います。


身体を健康に保つ秘訣について書かれた章です。


ここは暴飲暴食をしても構わないというとり方ではなく、健康志向が強すぎるのも良くない、と理解すればよいでしょう。


小生も数年前に突然健康増進に目覚め、体重を落とすためにジムに通い、1年間毎月ルームランナーの上で100kmを走り続けました。


ところが最初は健康のためにと始めたトレーニングも、徐々に自分の中で義務となってしまい、なんとか1年間走り切ったところで、それ以上モチベーションが続かなくなり、結局トレーニングそのものを止めてしまいました。


卑近な例で恐縮ですが、これなどはまさに一斎先生のご指摘のとおりで、恥ずかしさを禁じえません。


一斎先生は終始一貫、大自然の法則との一致を唱えられています。


つまり、大自然(天)の声を聴け、ということでしょう。


そう考えますと、私のトレーニングも室内ではなく、外を走っていたなら、大自然の声と会話を楽しみつつ続けることができていたのかもしれませんね。

第288日

原文】
「直を以て怨に報ゆ」とは、善く看るを要す。只だ是れ直を以て之に待つ。相讎(そうきゅう)せざるのみ。


【訳文】
『論語』に孔子がいった「公平無私(直)をもって怨みに報いる」ということは、十分吟味して見なければならない。ただこれは公平無私をもってこれにあたるのであって、互いに仇敵(あだかたき)とするものではないだけである。


【所感】
『論語』にある孔子の言葉「公平無私(直)をもって怨みに報いる」については、よく吟味する必要がある。これは公平無私の態度で人に接するということで、恨みを晴らせということではない、と一斎先生は言います。


まず『論語』憲問第十四篇の該当章を引用します。


【原文】
或ひと曰わく、徳を以て怨に報いば何如(いかん)。子曰わく、何を以てか徳に報いん。直きを以て怨に報い、徳を以て徳に報いん。


【訳文】
ある人が「徳を以て怨みに報いるという言葉がありますが、先生はどうお考えになりますか」と尋ねた。
先師が答えられた。
「それでは何を以て徳に報いればよいのか。まっ直ぐな正しさで以て怨みに報い、徳を以て徳に報いるのがよいと思う」


この章句の意味を誤解するな、と一斎先生は警鐘を鳴らします。


つまり、怨みという感情に真っ向から対抗してはいけない。
ただ真っ直ぐに正しいと思うことを貫け、という意味なのだと一斎先生は仰っているのです。


怨みの感情を無理に和らげようとしたり、上から押さえつけようとすれば、それはかえって逆効果になります。


怨みに対して徳で報いるとは、相手からすれば、どうしても上から押さえつけられ、説き伏せられるる印象を持つものではないでしょうか。


よって孔子は、怨みに対しては徳で報いるなと仰っているのです。


相手の怨みの感情が自分に向けられている場合、もし自分が正しいことをしたと確信がもてるなら、ただ淡々と己を貫けばよい。


しかし、もし自分に否があると認めるならば素直に謝罪をせよ、ということでしょう。


ところで自分の言動や行動が正しいかどうかということを客観的に判断するのは大変難しいことです。


修養の目的は、己の徳を磨くことであり、結局徳を磨くとは、つねにブレない自己を築き上げることなのでしょう。


一斎先生の『論語』読みの深さに感銘を受けます。

第287日

原文】
 (しょうせん)出でて明衰え、鈔銭盛んにして明亡ぶ。


【訳文】
紙幣が発行され出してから明朝は次第に衰え始め、その紙幣が盛んに乱発され出して遂に明朝は滅亡した。


【所感】
紙幣が出されてから明は衰えはじめ、その紙幣が乱発されるに及んで明はついに滅亡してしまった、と一斎先生は言います。


明という王朝は、結局紙幣の乱発によって経済的混乱に陥り、滅亡を早めてしまったようです。


国に限らず企業においても、財政をいかに健全に保つかということが、経営における最重要事項と言っても良いでしょう。


古来、入るを測りて出を制す、と言われます。


この言葉の出展は『礼記』です。
その部分を引用しておきます。


【原文】
三十年の通を以て、国用を制し、入るを量りて、以て出ずるを為す。(王制第五) 


【訳文】
三十年間の平均で、国の予算を組み立てるようにし、まず収入を抑えてから支出の計画を立てるようにする。


実はこの教訓は個人の仕事の成果にもそのまま適用できるのではないでしょうか?


インプットなくしてアウトプットなし


です。


自分がどれだけのインプット(学習)をしているかをよく把握した上で、何ができるかを見定めなければ、ただ闇雲に仕事をしても結果が芳しいものにならないのは当然のことです。


以上のように、この章句は自分の分(分際)を弁えよ、という教えであると捉えれば、より応用範囲の広い箴言となりそうです。

プロフィール

れみれみ