一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2016年10月

第627日

【原文】
気運には常変有り。常は是れ変の漸(ぜん)にして痕迹(こんせき)を見ず。故に之を常と謂う。変は是れ漸の極にして痕迹を見る。故に之を変と謂う。春秋の如きは是れ常、夏冬の如きは是れ変。其の漸と極とを以てなり。人事の常変も亦気運の常変に係れり。故に変革の時に当たれば、天人斉しく変ず。大賢の世に出ずる有れば、必ず又大奸の世に出ずる有り。其の変を以てなり。常漸の時は則ち人に於いても亦大賢奸無し。


【訳文】
気運には常と変とがある。常は徐々に変化するから跡形を見ない。それでこれを常という。変は徐々に変化して極に至ったもので、これには跡形がある。それでこれを変という。春と秋とは徐々に変化していくので常であり、夏と冬とは変化が極に達するもので変である。人事についても、気運の常・変と関連している。それで変革の時には、天も人も同じく変化する。大賢人が世に出ることがあり、大悪人が世に出ることもある。これは変である。徐徐に変化していく時には、人間界にも大賢人や大悪人なども出現しない。


【所感】
気運には常と変とがある。常は徐々に変化していくので痕跡がない。よって常という。変は徐々に変化したものが極に達したもので痕跡がある。よってこれを変という。例えば、春と秋は徐々に変化するので常、夏と冬は変化が極に達するものであり変である。人事に関しても、この気運の常変は同じである。だから変革の時には天も人も共に変化する。大賢人が世に出ることもあれば、また大悪人が出現することもある。これは即ち変である。少しずつ変化して行く時は、人の世に大賢も大奸も現れないものだ、と一斎先生は言います。


諸行無常


という言葉があります。


ご承知のとおり、この世のものはすべて変化し続けている、という意味です。


したがって、「常」と呼ぶ状態であっても、実は少しずつ変わり続けているのだ、と一斎先生は教えています。


そしてその変化が極まったとき、大きな変化が起こります。それを「変」と読んでいるようです。


考えてみれば、何事もない平凡な日常の中でも、私たち人間の身体の衰えは確実に進んでおり、確実に死へと近づいているのです。


例えば大病などもその小さな衰えの極まりだとみることができそうです。


興味深いのは、人の出現も同じだと捉えておられる点でしょう。


そう考えてみれば、春秋末期、周の礼制度が乱れきった世の中に孔子という聖人が出現したのも、偶然ではないのでしょう。


ところで小生には、現在の我が国もかなり変が極まった時代だと思えるのですが、まだ大賢人は出現していないようです。


しかしながら、きっと若き政治家の中にこの日本を救う大賢人がいるのだと期待したいものですね。

第626日

【原文】
相位(しょうい)に居る者は、最も宜しく明通公溥(めいつうこうふ)なるべし。明通ならざれば則ち偏狭なり。公溥ならざれば則ち執拗なり。


【訳文】
大臣の地位におる者は、最も国の事情に精しく通じ、物事を処するに当たっては、公明正大であるのがよい。事情に精通しておらなければ、一方に偏して狭くなってしまう。公明正大でなければ、頑固になって事理に通じなくなる。


【所感】
宰相の地位に在る者は、特に世の中の事情に明確に通暁し、また処理に際しては公明正大でなければならない。通暁していなければ偏りが生じ視野が狭くなってしまう。また公明正大でなければ頑固になってしまう、と一斎先生は言います。


宰相に地位にある人でなくても、人の上に立つ人であれば、やはり視野は広く、また公平な対応が必要なことは同じでしょう。


特に兆しを敏感につかむことができるかどうかは、リーダーの資質として特に重要かも知れません。


メンバーはどうしても目の前のことに没頭するあまり、虫の目でしか物事を見れなくなります。


そんな時こそ、リーダーは鳥の目で広く俯瞰的に物を見て、判断を下すことが求められます。


またリーダーは公平であるべきだと一斎先生は指摘されています。


平等と公平は違います。


平等を意識すると、悪平等となる危険性があります。


人には分際があり、皆能力が違います。


その人の能力に応じた仕事を与え、適正に評価することが公平な対応とされます。


売上を達成した営業マンとそうでない営業マンに処遇の差がなかったら、達成した営業マンは腐って真面目に仕事をしなくなるでしょうし、達成しない営業マンも何も成長しません。


リーダーは明通公溥なるべし。


覚えておきたい章句です。

第625日

【原文】
才有りて量無ければ、物を容るる能わず。量有りて才無ければ、また事を済(な)さず。両者兼ぬることを得可からずんば、寧ろ才を舎(す)てて量を取らん。


【訳文】
人は才能があっても度量が無ければ、人を寛大に受け入れることはできない。これとは反対に、度量があっても才能が無ければ、物事を成就することはできない。才能と度量の両者を兼ね備えることができなければ、いっそのこと、才能の方をすてて度量のある人物になりたい。


【所感】
人は、才能があっても度量が無ければ、人を受け容れることはできない。逆に、度量があっても才能が無ければ、事を成就することはできない。仮に才能と度量の両者を兼ね備えることができないのであれば、才能の方を捨てて度量のある人物になろうではないか、と一斎先生は言います。


これまでに何度も紹介していますが、私が私淑する伝説の営業人・中村信仁さんの名言に、


心が技術を超えない限り、技術は生かされない。


とあります。


本章で言えば、


才 = 技術 
量 = 心


と捉えて良いのではないでしょうか。


安岡正篤先生の高弟・伊與田覺先生はこう仰っています。


人間には「徳」と「才」の両方が大切でありますが、才よりも徳の優れた人を君子といい 徳よりも才のほうが優れている人を小人というのです。また、自分よりも他人を大切にす る人を君子といい、自分を中心に動く人を小人といいます。さらに、徳も才も両方ともに 優れておりながら、なお徳のほうが才よりも優れている人は「大人」「人物」という。「賢」 というのもこれにあたります。同じく徳も才も優れているけれど、才のほうが徳よりもな お優れている人を「人才(人材)」というのです。逆に才も徳も少ないけれども、徳のほうがちょっと優れている人を「賢」に対して「愚」というんです。(『己を修め人を治める道』伊與田覺著、致知出版社)


一斎先生も、「徳」が「才」に勝った人間でありたい、つまり君子たらんと努めたということでしょう。


小生もせめて、「賢」となることを志して、日々精進していきます。

第624日

【原文】
王荊公(けいこう)の本意は、其の君を堯舜となすに在り。而も其の為す所皆功利に在れば、則ち群宵(ぐんしょう)旨を希(ねが)い、競いて利を以て進み、遂に一敗して終を保つ能わず。究(つい)に亦自ら取る。惜しむ可し。後の輔相(ほしょう)たる者宜しく鑑みるべき所なり。


【訳文】
政治家王安石の本心は、その君主(神宗)を堯舜のような立派な聖天子にしようとするにあった。しかし、その為す所は総て功名利欲にあったがために、多くの小人達は彼の趣旨をこい願い、専ら利に進み、そのために遂に失敗して終りを全うすることができず、とうとう責任をとって地位を去ってしまった。誠におしいことである。後の世の宰相や大臣たる地位にある者は、この失敗の先例に照らしてよく考え心売るべきである。


【所感】
宋の王安石の本心は、自分の君主を堯や舜のような立派な君子にしようとするところにあった。然し、その為す所は全て功名利欲にあったので、群小の人物達は彼に迎合し、互いに利得を争ったために、最後には失敗し、終わりをまっとうできなかった。これは自ら招いたことで惜しむべきことである。後世の大臣や宰相はよくこのことを鑑みておくべきである、と一斎先生は言います。


高い志を抱いても、実際の行動が伴わなければ、その志を成し遂げることはできないということでしょう。


王安石という人は、いわゆる改革派のひとりで、法律を一気に改めて守旧派と大論争を展開した挙句に、敵に担がれた皇太后の策略によって失脚してしまった人物なのだそうです。


人の上に立つ人はある程度独裁的・独断的でなければなりません。しかし、そこに私欲が絡むと専制的となり、足元をすくわれることになるのでしょう。


川渕三郎氏が言っている、


私欲のない独裁者、それがリーダーの条件だ 


という言葉は、言い得て妙ではないでしょうか。


私欲のない人物とはよく水に譬えられます。


『老子』の有名な章句に、


上善は水の如し。水は善く万物を利して争わず、衆人の悪む所に居る。故に道に畿(ちか)し。


とあります。


水は万物に恩恵を与えながら、相手に逆らわず、人の嫌がる低い所へと流れていく。だから道のあり方に近いのである。


という意味です。


しかも水は清濁併せ呑む度量ももっています。


リーダーたる者は、水の如く私欲を消し去り、強い独裁力でメンバーを導いていかなけれならないのです。

第623日

【原文】
三軍不和なれば、以て戦を言い難し。百官不和なれば、以て治を言い難し。書に云う、「寅(つつしみ)を同じくし、恭しきを協えて、和衷せん哉」と。唯だ和の一字、治乱を一串す。


【訳文】
全軍が一致和合しなければ、戦争のことを口にすることはむつかしい(戦争はとてもできない)。役人がことごとく一致和合しなければ、政事を口にすることはでき難い(善政はむつかしい)。『書経』にも「同僚が互いに敬を重んじ誠を尽くして和合せねばならない」とある。ただ、和の一字は、国の治まっている時でも乱れている時でも、一貫して肝要である。


【所感】
全軍がひとつにまとまっていなければ、戦争などできるはずもない。官僚がひとつにまとまっていなければ、政治などできるはずがない。『書経』皐陶謨(こうようぼ)にも「寅を同じくし、恭しきを協えて、和衷せん哉」とある。ただただ「和」の一字こそが治乱を決定するのだ、と一斎先生は言います。


まずここに引用された書経の言葉からみておきます。


【原文】
天、有礼を秩す。我が五礼を自(もち)いて、五庸ならん哉。寅を同じうし、恭を協(かな)えて、和衷ならん哉。


【訳文】
天は人々の間に尊卑の差を置き、礼を定めてその間を調えておられます。君主は、これに則り、我が公侯伯子男の五段階の礼を用いて、貴賤の関係が乱れぬようにされねばなりません。諸侯たちが、敬しあいうやまいあって、互いに仲良くするように導かれねばなりません。(『世界古典文学全集』より)


これは、帝舜に仕えた皐陶という司法長官と舜から皇位を継承した禹との会話の一部で、皐陶が禹に言った言葉です。


礼の制度を整えて諸侯が反目しあうことのない様にすべきだとの忠告ですね。


和を以て尊しと為す


とは聖徳太子が制定した十七条の憲法の最初の言葉です。


この言葉の出典は『論語』にあります。


【原文】
有子曰わく、禮の和を用て貴しと為すは、先王の道も斯を美と為す。(為政第二)


【訳文】
有先生が言われた。
「礼に於いて和を貴いとするのは、単に私の独断ではない。昔の聖王の道も美しいことだとした」(伊與田覺先生訳)


戦争で勝利を収めることができるか否か、あるいは政治で民を治めることができるか否かは、「和」の一点にかかっていると一斎先生は断じています。


一方でここで取り上げた『書経』の言葉も『論語』の言葉も、和を保つためには「礼」が不可欠であることを述べています。


我々が組織に置いてマネジメントを行う際にも、メンバーが互いに親しみ合うことは重要ですが、それが馴れ合いになってしまっては、大事なときに力を発揮できないでしょう。


上司と部下、先輩と後輩、あるいは目上の人に対する丁重な起居動作といった「礼」をしっかりと整えることが何より重要なのです。


そう考えてくると森信三先生が仰っているとおり、椅子をしまい、靴のかかとを揃え、挨拶をする、という基本をまずはきっちりと社員さんに浸透させることから始めなければなりません。


そして、そのためにはまずリーダー自らが正しい礼を身につけていることが前提となります。


リーダーの皆さん、


正しい挨拶ができていますか? 


社内および客先で靴のかかとを揃えていますか?


立ち上がる際に、椅子はしっかりと机の中のしまっていますか?

第622日

【原文】
凡そ事は功有るに以て功無きこと有り。弊有るに以て弊無きこと有り。況や数年を経て効を見るの事に於いてをや。宜しく先ず其の終始を熟図(じゅくと)して後做し起すべし。然らざれば、功必ず完(まった)からず。或いは中ごろに廃して、償う可からざるに至らん。


【訳文】
総て世の中の事は何事でも、一寸考えると良いようであるが、実は良くないものがあり、反対に弊害があるようであるが、実は弊害が無いものがある。まして数年たってから効果の現われるものにおいては、なおさらのことである。それで、事をなすにあたって、事の始めから終り(結果)がどうなるかをよく考えて着手するのがよい。そうしなければ、その物事は必ず完全に成し遂げることはできない。どうかすると、途中で止めてしまって、何とも取りかえしのつかないことになってしまうであろう。


【所感】
世の中の事案には、良い効果があるかと思えても実はそうではないものがある。逆に弊害があるようで実はまったく弊害の無いものもある。まして、数年が経過して効果が現れるような類の事は尚更である。よって、事を始めるに際しては、その始まりから終わりまでを充分に熟考してから行動を起こすべきである。さもないと、恐らくは完全に成し遂げられないであろう。あるいは中途で断念せざるを得なくなって、大きな損失を招くことになるかもしれない、と一斎先生は言います。


為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり


この江戸の名君・上杉鷹山公の言葉のとおり、何事もやってみなければ、結果は分からないものです。


しかし、だからといってろくに考えもせずに事を始めると、失敗する可能性は非常に高くなります。


小生はよく勤務先の社員さんに対して、仕事の成否の80%は準備で決まると伝えています。


営業で言うなら、日頃の営業活動において、


①お客様の価値観(考え方の基準・軸)
②お客様の課題(特にお客様がまだ気づいていない課題)
③お客様の志(あるいは夢)


をしっかりと把握しておくことが重要です。


これさえ分かっていれば、後は自社の活用可能なツールの中から、最もお客様に喜んでいただけるものを選んで提案すれば良いのです。


逆に、お客様の価値観と真逆の営業提案を行えば、信頼どころか不信感を抱かせてしまい、大事なお客様を失うことにもなり兼ねません。


例えば、オペの件数を減らしてでも、オペ1症例あたりの単価を上げたい、つまり難易度の高いオペに取り組みたいと考えているドクターに、高効率でオペ件数を増加させる提案をしてしまう、といったケースがこれに該当します。


今後日本では、確実に人口が減り続けます。


50年後には8,500万人程度にまで減少するというデータが発表されています。


つまり、国内のお客様の数は確実に減っていきます。


当たって砕けろの行き当たりばったりでは、生き残れない時代が来ています。

第621日

【原文】
賢才を挙ぐれば則ち百僚(ひゃくりょう)振(ふる)い、不能を矜(あわれ)めば則ち衆人勧(はげ)むは、乗数なり。大臣を猜(そね)めば則ち讒慝(ざんとく)興り、親戚を疎んずれば則ち物情乖(そむ)くは、除数なり。須らく能く幾先を慎み以て来後を慮るべし。


【訳文】
賢才ある者を挙用すれば、多くの役人達は振い立って努力するようになり、才能の無い者をいたわりあわれむようにすれば、人々は自ら進んで善行をするようになる。これは世の中を良くするからして掛算ともいえるであろう。これに反して、大臣を疑いねたむようなことをすると、人をそしるような悪い心の者が出たり、親戚の者を疎んじ遠ざけたりするようなことをすると、世間の人々は自分にそむくようになる。これは世の中を悪くするからして割算ともいえるであろう。それで、人の上に立つ者は、物事がまだ起らない以前から、十分に慎重な態度をとって、来るべき後あとの事を心配しなければいけない。


【所感】
賢才ある者を重用すれば多くの役人は奮い立ってと努力する。才能無き者を憐れに思って対応すれば、多くの民衆は進んで仕事に励むようになる。これらは隆盛につながるので掛け算に譬えることができる。これとは逆に、大臣を疑い嫉むようなことをすれば、人々を讒言するような悪人が現れ、親戚の者を疎外すると世間の人々は自分に背くようになる。これらは衰退につながるので割り算に譬えることができよう。人の上に立つ者は、慎重に兆しを読み、後々に心配事が起こらないように配慮すべきである、と一斎先生は言います。


『書経』にある有名な言葉に、


野に遺賢無し


とあります。


これは、立派な人材は皆登用されているので、民間には残っていないという意味です。


つまり、有能な人材がその力を存分に発揮できる状態にあるということです。


このような環境にありつつ、弱者に対して寛容な態度で臨むなら理想の政治が行われていると言えるのだそうです。


一方、人材が正しく登用されずにくすぶっている状態であったり、血縁を疎んじたりすれば、好ましくない人材が蔓延り、正しい政治は行われないのだと、一斎先生は指摘されています。


これは政治だけでなく、企業においても同様に当てはまるでしょう。


社員さんには、一人ひとり分際があり、能力が違います。


能力の高い人材には存分に活躍してもらう一方で、それほど能力の高くない社員さんにも適所を与えるようなマネジメントを行えば、後の患いをあらかじめ取り除くことができ、機先を制することが可能になります。


リーダーとして強く心に留めておくべき大切な箴言です。

第620日

【原文】
人主は宜しく敵国外患を以て薬石と為し、法家拂士(ひっし)を以て良医と為すべし。即ち国は治むるに足らず。


【訳文】
人君たる者は、外敵の侵入を病を治す薬石となし、法律を守る臣や輔佐の堅臣とを良医とするがよい。そうしたならば、国を治めることは容易である。


【所感】
君主はよく諸外国からの侵略をもって薬とし、法律に厳しい世臣や輔弼の堅士をもって良医とすべきである。そのように対処すれば、国は自然と治まるものだ、と一斎先生は言います。


法家拂士・敵国外患という言葉は『孟子』告子章句下にある言葉です。


【原文】
入りては則ち法家・拂士(ひっし)無く、出でては則ち敵国・外患無き者は、國恆(つね)に亡ぶ。然る後に、憂患に生じて、安楽に死することを知るなり。


【訳文】
内には法家・拂士がなく、外には敵国・外患のない国はおおむね亡んでしまうものである。人というものは、憂患に苦しむことによって本当の生き方が出来、安楽にふけることによって、駄目になってしまうということが分かる。(内野熊一郎先生訳)


人間も国家も、苦難に遭遇するからこそ成長できるのであり、楽をしようとすればかえって堕落してしまう、ということを誡めた言葉です。


小生が毎月学んでいる永業塾の塾長・中村信仁さんは、


楽な道と苦の道があるならば、苦の道を選べ


とおしゃっています。


その理由は、苦しく辛い道を進むからこそ、自らを鍛え、成長することができるからです。


たとえば、人間関係の達人になろうとするなら、幾多の修羅場ともいえる人間関係を経験し、心の痛みを自ら体験しなければならないはずです。


一斎先生は国家も同様なのだとおっしゃっています。


ということは、企業もまた同じでしょう。


組織のリーダーとしては、常に苦の道、つまりチャレンジングな選択肢を採り、メンバーを導いていくことが重要です。


さらに一斎先生は、リーダーたる者は、しっかりとした参謀を置いてよく意見を聴きながら、最終的な判断を下すべきだとしています。


諫言に耳を傾けることができる度量を持たねば、国も企業も己も維持することはできないのだと教えてくれています。

第619日

【原文】
戦伐(せんばつ)の道、始めに勝つ者は、将兵必ず驕る。驕る者は怠る。怠る者は或いは終に衄(じく)す。始めに衄する者は、将兵必ず憤る。憤る者は厲(はげ)む。厲む者は遂に終りに勝つ。故に主将たる者は、必ずしも一時の勝敗を論ぜずして、只だ能く士気を振厲(しんれい)し、義勇を鼓舞し、之をして勝って驕らず、衄して挫けざらしむ。是れを要と為すのみ。


【訳文】
戦いの常道というものは、始めに勝った者は、大将も兵卒も共に必ず慢心を起して油断する。慢心を起す者はなまける。なまける者はどうかすると終りには敗北する。これに対して、始めに敗北した者は、大将も兵卒も共に必ず発憤する。発憤する者は奮励する。奮励する者は遂に最後には勝利を得る。それで、軍を統率する大将たる者は、一時の勝敗にこだわることなく、ただよく士気を振い励まし、義に勇む心持を鼓舞し、兵卒をして勝っても慢心を起さず、敗北して挫折させないようにする。これが肝要なことなのである。


【所感】
戦争の王道において、始めに勝利をつかむと、将軍も兵士も必ず慢心を起こす。慢心を起す者は怠ける。怠ける者は場合によっては最後に敗戦を喫する。始めに敗戦すると、将軍も兵士も必ず発憤する。発憤する者は奮い立つ。奮い立つ者は最後には勝利をつかむ。それゆえ、将軍たる者は、一時の勝敗にこだわらず、よく士気を励まし奮い立たせ、義勇心を鼓舞し、兵士に対して勝っても慢らず、敗けても挫折しないように導く。これが肝要なことなのだ、と一斎先生は言います。


戦いにおけるリーダーシップの要諦について書かれた箴言です。


歴史を振り返ってみても、最初に戦いに敗れた者が最後に勝利を収めるという事例は枚挙に暇がありません。


武経七書のひとつ『尉繚子』という兵法書に、


卒、将を畏るること敵より甚だしきは勝つ。(兵令上篇)


とあります。


近頃立ち上がったBリーグ(日本のプロバスケットボールリーグ)をまとめ上げた川渕三郎氏は、最新刊『独裁力』(幻冬舎新書)の中で、


私欲のない独裁者、それがリーダーの条件だ


と述べています。


リーダーは孤独です。


リーダーの仕事は決めることです。


だから、リーダーは強くなければならないというのが小生の持論でもあります。(もちろん、賛否両論ありますが)


最後の最後はリーダーの独裁力の強さがモノを言うのかも知れません。

第618日

【原文】
余は往年、崎に遊び、崎人(きじん)の話を聞けり。曰く、「漢土には不逞(ふてい)の徒有りて、多く満州に出奔し、満より再び蕃舶(ばんぱく)に投ず。故に蕃舶中往往漢人有りて、之が耳目たり。憎む可きの甚だしきなり。今は漢満一家関門厳ならず。奈何(いかん)ともす可からず」と。此の話は徒らに聞く可きに非ず。


【訳文】
自分は昔、長崎に行った時に、長崎の人から次のような話を聞いた。「漢の国では悪い者が出ると、たいてい満州国に逃げ出し、そして満州国から外国船に乗り込むのである。それで、外国船の中には時折り中国人がいて、西洋人は彼らを何かと手先に使っている。誠に憎むべきである。今は漢国と満州国とは一家となり、関所は厳重でない。自由に出入りができるから、どうすることもできない」と。この話は聞きながすことができない。


【所感】
私は昔、長崎に寄って、長崎の人の話を聞いた。それによると、「漢の国には悪い輩がいて、多くは満州に逃走し、そして満州から外国船に乗り込む。だから外国船の中にはしばしば中国人がいて、西洋人は彼らをガイドや諜報員として使っている。大いに憎むべきことである。今は漢の国と満州国とは一家となって関所は厳重でなくなっているから、どうすることもできない」とのことであった。この話は聞き捨てならないことだ、と一斎先生は言います。


この章での一斎先生の怒りは、漢人が西洋諸国の手先となってアジア支配に手を貸していることに対して向けられているとみて良いのでしょうか?


小生はこの章を読んで、IS(イスラム国)に自ら参加している現代の若者を思い起こしました。


少し前ですが、ISに入ろうとして逮捕された日本人の若者のことが報道されていました。


西洋諸国からもISに加担している若者が多くいると聞きます。


彼らは一体、事の重大さをどれだけ認識できているのでしょうか?


多くの日本の若者は祖国である日本という国を愛せないのだそうです。


そこには日本という国が過去の歴史において悪いことをしてきたという自虐史観が影響しているのでしょう。


水際でこうした若者を取り押さえることは根本解決にはなりません。


今こそ正しい歴史教育を行ない、日本という国の素晴らしさを若者に伝えていくべきです。
プロフィール

れみれみ