一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2017年01月

第719日

【原文】
人事百般、都(すべ)て遜譲(そんじょう)なるを要す。但だ志は則ち師に譲らずして可なり。又、古人に譲らずして可なり。


【訳文】
世の中におけるいろいろな事柄については、人にへりくだって譲る心がけが必要である。ただ、志だけは師に対して遠慮しなくともよい。また、古人に対しても遠慮するに及ばない。


【所感】
人間社会の様々な出来事は、すべて謙遜と謙譲の心で対応することが求められる。ただし、志だけは師匠に対しても安易に譲る必要はない。また昔の偉人にも遠慮する必要はない、と一斎先生は言います。


師に譲らずという表現は、『論語』衛霊公篇にあります。


【原文】
子曰わく、仁に當りては、師にも譲らず。


【訳文】
先師が言われた。「仁徳を行うに当っては、先生にも遠慮はいらない」


本章の趣旨は、世の中を渡っていくには、常に人にへりくだる心を持ち続けることが重要であるが、ただのお調子者や腰抜けとなってはいけない。自分の志だけはそう簡単に曲げることのないように、一本筋を通しておくべきである、ということでしょう。


中江藤樹先生は、学問とは人にへりくだることを学ぶことだと言っています。


人にへりくだることを実践するに当っては、小生が師事する中村信仁さんのいう、


少し損をする生き方


を心がけると良いのではないでしょうか。


少し損をする生き方とは、


本を買うときは、一番上にある手垢のついた本を買う。 

牛乳を買うときは、賞味期限の古いものを買う。

駐車場に車を停車するときは、なるべく入り口から遠いところに停める。


といったことを実践することです。


少しだけ自分が損をするだけで、少しだけ誰かが得をします。


こうした実践を陰徳を積むとも言います。


陰徳を積んで譲る心を鍛えましょう。

第718日

【原文】
学は須らく心事の合一するを要すべし。吾れ一好事を做(な)し、自ら以て好しと為し、因(よっ)て人の其の好きを知るを要するは、是れ即ち矜心(きょうしん)除かざるなり。便(すなわ)ち是れ心事の合一せざるなり。


【訳文】
学問をするには、自分の心とその行ないとが合致して一つとならなければならない。自分が一つの好い事をして、自分でも好いと認め、それによって、人にそのよさを認識してもらうように要求することは、すなわち、人に誇る心がまだ取り除かれていないからである。これは心と行ないが一致していないというものである。


【所感】
学問というものは人の心と行為とが一致していなくてはならない。自分が一つ良い事をして、それを是認し、他人に良いことをしたことを知ってもらおうという気持ちがあるならば、それは虚栄心が取り除かれていないということであり、心と行いの不一致であるといわざるを得ない、と一斎先生は言います。


荀子は、学問というものは立身出世のためにするものではないと断じています。


立身出世のために学問をすると、周囲の人との差別化を図るためにも、人に誇ることが必要になります。

そんなものは本当の学問ではないと一斎先生は言います。


『礼記』という古典に以下のような言葉があります。


【原文】
学びて然る後に足らざるを知り、教えて然る後に困しむを知る。(学記篇)


【訳文】
学んでみて初めて自分の知識も人格もいかに不十分なものであったかが自覚できる。教えてみて初めて、教えることのむずかしさがわかる。(守屋洋先生訳)


学べば学ぶほど自分の至らなさに気づき、一段と修養を積まなければならないことを自覚するはずだ、ということでしょう。


したがって、人に誇る暇などあろうはずがないのです。


自分の心と行ないが一致するというのも、自分が描いている理想を行動に移すことだと言えるのではないでしょうか? 


そうだとすれば、そうそう言行が一致するわけではなく、常に行動が不足するはずです。


仮に言行が一致するようになったと感じたなら、より高いレベルで言行一致を図るべきです。


満足すれば成長は止まります。


常に不足を思って、学び続けましょう。

第717日

【原文】
道を求むるには、懇切なるを要し、迫切(はくせつ)なるを要せず。懇切なれば深造し、迫切なれば助長す。深造は是れ誠にして、助長は是れ偽りなり。


【訳文】
道を求める態度は、熱心にやることが大切で、あせってはいけない。物事に熱心であれば、道の奥まできわめることができるが、あせってやれば、苗を助け長ぜしめることの害あるが如く、無理に事をすることになる。道の奥まで至ることは誠の道であり、助長(無理)することは正しくない偽りの道である。


【所感】
道を求めるには、丁寧に真心を込めることが必要であって、せっかちに急いではいけない。丁寧に真心をこめれば、奥深く道理に至り、せっかちに急げば自然の摂理に逆らって無理を強いることになる。奥深く道理に至るのは誠であって、無理を強いることは偽りである、と一斎先生は言います。


の章に出てくる「助長」という言葉は、現代の我々が使う意味とは違っています。


これは『孟子』公孫丑上篇にある言葉で、苗を早く成長させようと手で無理やり引っ張って伸ばすことで、かえって苗を枯らせてしまう、という逸話から取られた言葉です。


要するに、道を求めるのに近道などない、ということです。


書店に行きますと、「3分で○○になれる方法」といった本が山積みされているのを見かけます。


道に限らず、スポーツにおいても、勿論ビジネスにおいても、挫折と失敗を繰り返しながら成長していくのです。


森信三先生も、自分自身で実際に経験したことのみが、自分の身につくものだと言っています。


近道をするという行為は、自然の摂理、つまり大自然のルールに背くことになるのだ、ということをよく理解しておくべきです。


何事も丁寧に心を込めて取り組めば、かならず上達します。


ましてや人生を生き抜くとなれば、それは長くて険しい道を進むことに似ています。


小生は本日、朋友と共に岡崎城を訪ねてきました。


そこでかの有名な徳川家康公遺訓を目にして、あらためてその言葉の深さを噛みしめてきましたので、ここの再掲しておきます。


人の一生は重荷を負うて
遠き道を行くが如し
急ぐべからず
不自由を常と思えば不足なし
心に望み起らば
困窮したるときを思い出すべし     
堪忍は無事長久の基
怒りは敵と思え
勝つことばかり知りて
負けることを知らざれば
害その身に至る
己を責めて
人を責めるな
及ばざるは
過ぎたるより勝れり

第716日

【原文】
存養の足ると足らざるは、宜しく急遽なる時の事に於いて自ら験すべし。


【訳文】
本心を失わぬよう本性を養っていく(精神を修養する)ことが、十分であるかどうかは、急ぎあわてた時に自分でためしてみるがよい。


【所感】
修養が足りているか不足しているかは、緊急時に自ら試してみれば分かることである、と一斎先生は言います。


これはわかりやすいご指摘です。


営業職のリーダーとしての緊急時といえば、お客様からのクレームを受けたときでしょう。


小生も、日頃メンバーに対して偉そうなことを言っているリーダーが、いざクレームとなると逃げ出したという場面を何度か見て、落胆させられた記憶があります。


小生はよく勤務先のリーダー達にこう言っています。


クレームから逃げるリーダーは、メンバーに逃げられることになるよ。


一斎先生の言うように、日頃から人間修養に励んでいるリーダーは、クレーム処理においても冷静かつ大胆にお客様のお困りごとに対応し、最終的にはクレームを商談に変えてしまうことすらあります。


リーダーと呼ばれる地位にある人は、常に人間修養を怠ってはいけません。


ところで、クレーム処理に関していえば、もうひとつ大事なことがあります。


それは、リーダー自らも日頃からお客様のところに定期的に顔を出し、良好な関係を構築しておくということです。


クレームが起きてから、はじめて訪問して名刺を渡すようではいけません。


平時の対応次第でクレーム処理のスピードは大きく変わってきます。


窮すとも濫れないリーダーでありたいですね。

第715日

【原文】
人、得意の時は輒(すなわ)ち言語饒(おお)く、逆意の時は即ち声色を動かす。皆養の足らざるを見る。


【訳文】
一般に人というものは、得意(順境)の時には、いつも言葉数が多い。失意(逆境)の時には、すぐに音声や顔色をかえて動揺する。これはみな修養の足らないことを表わすものといえる。


【所感】
普通の人間は、順境にあっては自然と口数も多くなるが、逆境となると、途端に顔色がくもり、声も小さくなる。これらは皆、修養が足りないのだ、と一斎先生は言います。


この言葉はなかなか痛烈です。


小生は毎月、売上進捗確認の面談を行っているのですが、情熱をもって仕事をしていない人や同じミスを繰り返すようなメンバーには、厳しい言葉で指導をしてしまいます。


こうなると途端に蚊の泣くような声を出す人がいます。


問題なのはこのように落ちこんだ表情や声が小さくなる人に限って、同じミスを繰り返したり、成績が伸び悩んだりするのです。


要するに心から反省しているわけではなく、嵐の過ぎ去るのをじっと待とうと思っているだけなのでしょう。


そんなメンバーの中には、あれだけ落ちこんだ表情だったはずなのに、翌日にはケロッとして元気に出社してくる人がいるのです。


リーダーという立場の人は、そういうメンバーの声色に惑わされることなく、彼らを導いてあげなければいけません。


とはいえ、小生も凡人ですので、想定外のことが起きた場合など同じような状況になってしまうのが現実です。


これに関して興味深い『論語』のエピソードをご紹介します。


祖国を捨てて流浪の旅に出た孔子一行は、あるとき陳という国と蔡という国との国境付近で足止めを喰らい、ほぼ一週間飲まず食わずの状況に陥りました。


お弟子さんの中には自力で立ち上がることができない人もいて、餓死寸前といった状況でした。


そんな状況に怒りを抑えきれなくなった一番弟子の子路が孔子に食って掛かります。


「先生は日頃から君子だとおっしゃっていますが、君子でも困難な状況に陥ることがあるのですか? (要するに、先生は本当に君子なのか、という痛烈な問いです)」


そのとき、孔子は子路にこう言います。


君子固より窮す。小人窮すれば斯(ここ)に濫(みだ)る。


訳せば、「もちろん君子だって窮地に立つことはあるさ。そんなとき凡人は大いに慌てふためくものだ。しかし、君子は窮地に立っても決して乱れることはないのだよ」


修養とは、このように乱れない心をつくることを言います。


最後に、これまでにも何度なくご紹介している荀子の言葉を掲載しておきます。


【原文】
君子の学は通ずるが為めに非ず。窮するとも困まず憂うるとも意の衰えず、禍福終始を知りて心の惑わざるが為めなり。


【訳文】
君子の学問とは、立身出世のためにするのではない。窮するときも苦しまず、幸福なときも驕らず、物事には始めがあれば終わりがあることを知って、どんなときも平静な心で対処できる人間となるために学ぶのだ。
プロフィール

れみれみ