一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2017年02月

第747日

【原文】
恩を売ること勿れ。恩を売れば卻って怨みを惹く。誉を干(もと)むること勿れ。誉を干むれば輒(すなわ)ち毀(そしり)を招く。


【訳文】
下心があって人に恵みを施す(恩にきせる)な。そのような心持で人に恵みを施せば、かえって人から怨まれることになる。名誉を求めるな。実の伴わない名誉を求めると、すぐに人から毀(そしり)を受けるものである。


【所感】
見返りを求めて恩を売ってはならない。そんなことをすればかえって恨みを買うことになる。名誉を求めてはならない。そんなことをすれば人から誹謗中傷を受けるだけである、と一斎先生は言います。


見返りを求めないということ、人からの評価を期待しないということの2点は、人間という社会的生物にとっては大変に難しいことです。


小生が師事する、永業塾塾長・中村信仁さんから教えていただいた言葉に、


掛けた恩は水に流し、受けた恩は石に刻め


という言葉があります。


人に掛けた恩は忘れて、人から受けた恩は絶対に忘れるな、という意味の言葉です。


受けた恩については、その人に直接返すよりも、あえてその恩を別の人に施すべきだと言われます。


これを「ご恩送り」といいます。


人から受けた恩というのは、その恩が大きければ大きいほど、すぐには気づけないものです。


時には、その相手がもうこの世に存在しないということもあるかも知れません。


そんなときはそのご恩を次の世代に送って、恩を絶やさないことが重要です。


ご恩返しは一対一で完結します。


ご恩送りはご恩がずっと循環します。


見返りを求めない人からのご恩ならば、その人もご恩送りを望んでくれるはずです。


一方、凡人が下手に地位や名誉を手に入れるとろくなことはありません。


驕れる者久しからず


という言葉がある様に、勘違いをして大きな失敗をし、その地位や名誉を失ってしまいます。


かつての小生がまさにそうでした。


恩を売ること勿れ。誉を干(もと)むること勿れ。


見返りを求めず、名誉を求めない。


志とは、見返りも名誉も求めずに、ただ世の中のためになると信じて実施すべきこと、と定義できます。


見返りも名誉も不要に思えるほどの大志を抱きたいものです。

第746日

【原文】
人は厚重を貴びて、遅重(ちじゅう)を貴ばず。真率を尚(たっと)びて、軽率を尚ばず。


【訳文】
人は重々しく落ちついていることを貴ぶが、動作が遅鈍であることは貴ばない。また、性質が純真で飾りけのないことを貴ぶが、軽々しいことは貴ばない。


【所感】
人はゆったりと重々しいことを尊ぶが、ゆっくりで鈍いことは尊ばない。また、正直で飾り気がないことは尊ぶが、軽率であることは尊ばない、と一斎先生は言います。


厚重という言葉を聞いて思い出すのは、中国明代の人・呂新吾の著『呻吟語』の名言です。


【原文】
深沈重厚なるは、これ第一等の資質。磊落剛勇なるは、これ第二等の資質。聡明才弁なるは、これ第三等の資質。


【訳文】
どっしりと落ち着いて深みのある人物、これが第一等の資質である。積極的で細事にこだわらない人物、これは第二等の資質である。頭が切れて弁の立つ人物、これは第三等の資質にすぎない。(守屋洋先生訳)


一斎先生は、同じ「重」でもゆったりとしているのはよいが、のろまはダメであり、同じ「率」でもまじめなのはよいが、軽いのはダメだとしています。


小生自身、あまり真率という言葉を聞いたことがありませんが、福沢諭吉先生は『学問のすすめ』の中で、


人間交際の要も、和して真率なるに在るのみ


と言っています。


この一斎先生の言葉は、人の性質を分けるものはちょっとした意識の持ち様である、と読むこともできそうです。


厚重さは少し油断すれば遅重となり、真率さも少し気を緩めれば軽率さとなって、相手に伝わるのではないでしょうか?


他人の評価というのは、あくまでもその人の主観です。


だからこそ、相手から厚重、真率な人と見られるように、自分自身をセルフマネジメントしていかなければなりません。

第745日

【原文】
己の長処を言わず、己の短処を護せず。宜しく己の短処を挙げ、虚心以て諸を人に詢(と)うべし。可なり。


【訳文】
自分の長所を人に言いふらすことをせず、また、自分の短所を弁護するようなことをしない。かえって、自分の短所を列(なら)べ挙げ、何のわだかまりもなくさっぱりした気持で、人に相談するのがよい。


【所感】
自分自身の長所については語らず、また自分の短所も擁護しない。ただ短所を認めて、真摯に他人に相談するべきである。それがよいことだ、と一斎先生は言います。


無くて七癖、という言葉もあるように、人は自分のことを分かっているようで、実は分かってないということもあります。


特に短所については、意外と気づいていないものではないでしょうか?


ところが他人から短所を指摘されると、なかなか平静を保つのは難しいものです。


ここで大事になってくるのは、仮に短所を指摘されたとしても、その人の言葉ならと、冷静に受け止められる様な心を許した友や仲間を持つことでしょう。


例えば職場においても、上司から指導されるよりも、先輩から指摘された方がスンナリと腹に落ちるという場合があります。


特にリーダーという立場にある人は、勇気をもって諫言をしてくれる信頼できる部下を持つことで、独裁に陥る弊害を除くことができます。


パワハラリーダー時代の小生は、心から信頼できるナンバー2を置くことができていなかったように思います。


それはすなわち小生が彼らを信頼して任せるということが出来ていなかったからに外なりません。


宜しく己の短処を挙げ、虚心以て諸を人に詢うべし。


という本章の言葉には、とても大切な教えが含まれているのです。

第744日

【原文】
人各おの長ずる所有り、短なる所有り。人を用うるには宜しく長を取りて短を舎つるべし。自ら処するには当に長を忘れて以て短を勉むべし。


【訳文】
人には各々長所もあれば短所もある。人を使う場合には、その人の長所を取って用い、短所を見ないようにするがよい。しかし、世に処していく際には、自分の長所を忘れて、短所を補うように努力すべきである。


【所感】
人にはそれぞれに長所と短所がある。人を使う際にはその人の長所を活用し、短所は用いないようにすべきである。自らが事に当たる場合は、自分の長所を忘れて、短所を改善するように励むべきである、と一斎先生は言います。


人材活用の基本事項です。


人には必ず長所と短所があります。


それを合算してしまうと、仮に長所が大きくても短所で相殺されて長所が活かされません。


長所だけに着目し、短所を捨てて仕事に当たってもらえば、それなりに成果が上がるはずです。


さて自分自身についてはどうかといえば、短所の改善に挑むべきだとしています。


ところで人には、技能面(外面)と性格面(内面)でそれぞれ長所と短所を有しているものです。


森信三先生が『修身教授録』の中で指摘しているように、知識や技能面での長所と短所は、たとえば文科系の人は運動が苦手であり、運動が得意な人は読書が苦手といったように、その方向がまったく逆向きであることがほとんどです。


ところが精神面になりますと、長所がそのまま短所になったり、短所が長所になるなど、その関係は表裏一体です。


本章で一斎先生が指摘している自己の短所とはこの精神面(内面)の短所を指しているとみて良いでしょう。


精神面の短所は、しっかり自己反省をして精進すれば、そのまま長所に変えることが比較的容易だからです。


春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら粛(つつし)む。


という名言(第279日既出)を具体的な行動で解説した章だとみることができます。

第743日

【原文】
人と事を共にするに、渠(かれ)は快事を担い、我れは苦事に任ぜば、事は苦なりと雖も、意は則ち快なり。我れは快事を担い、渠は苦事を任ぜば、事は快なりと雖も、意は則ち苦なり。


【訳文】
人と一緒に仕事をする場合には、彼が愉快な仕事にあたり、自分が苦しい仕事を引受けたならば、仕事は苦しいけれども心は愉快である。これとは反対に、自分が愉快な仕事にあたり、彼が苦しい仕事を引受けたならば、仕事は愉快であっても心は苦しい。


【所感】
人と一緒に仕事をする際、相手に愉快な仕事をやってもらい、自分は辛い仕事を引き受ければ、仕事自体は辛いかもしれないが心は愉快である。相手に辛い仕事を任せて、自分が楽しい仕事をすれば、仕事は楽しいかも知れないが、心は苦しくなるであろう、と一斎先生は言います。


自分の心を爽快に保つためのとっておきの秘訣が書かれています。


先日来の言葉を振り返ってまとめてみれば、


君子とは人を立てる人、小人とは己を立てる人


となるのではないでしょうか?


『論語』の言葉を見てみましょう。


【原文】      
仁者は難きを先にし獲(う)るを後にす、仁と謂(い)うべし。(雍也第六)


【訳文】
仁者は、困難な仕事を自ら進んで引き受け、その利益や恩恵は問題にしない、これを仁という。


【原文】
君子は諸(こ)れを己に求め、小人は諸れを人に求む。(衛霊公第十五)


【訳文】
立派な人は矢印を自分に向け、凡人は矢印を他人に向ける。


やはり『論語』にも利他の心を推奨した言葉が多くあります。


心爽快にして颯爽と生きるためには、少しだけ損をする生き方を選べばよいのでしょう。
プロフィール

れみれみ