一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2017年07月

第900日

【原文】
心体は虚を尚(たっと)び、事功は実を尚ぶ。実功・虚心は唯だ賢者のみ之を能(よく)す。


【訳文】
心の本体は虚心坦懐(何のわだかまりもなく、広く平らか)であることが大切であり、成し遂げた仕事は充実していることが大切である。この功業を充実させ、心を虚しくすることは、ただ賢人だけがよくすることができるのである。


【所感】
心の本体は虚ろであることを貴び、事の出来上がりについては実のあることを貴ぶ。このように仕事を充実させながら心を虚心坦懐に保つのは、賢者と呼ばれる人にしてはじめて出来ることなのだ、と一斎先生は言います。


無心で仕事に取り組めば事は成就する、ということでしょう。


実功・虚心のいずれも容易なことではない、と一斎先生は言いますが、特に凡人の小生にあっては、虚心であることが難題です。


虚心とは、私欲を抑えることだと小生は理解しています。


特に小生が属している営業の世界では、この仕事が成功すれば、評価が上がるとか、昇格昇進できる、といった私欲をもっていては、仕事は成就しません。


なぜなら、お客様はそれを簡単に見抜いてしまうからです。


先日、ある若い社員さんの日報にこんなことが書いてありました。


あるメーカーの社員さんが、お客様(ドクター)に対して、なんでもいいから当社の製品を使って欲しいという売り込みをした結果、今回は何も採用されなかったが、最後にお客様から「別の分野の製品で良いものがあったら紹介してくれれば検討する」と言われたそうです。


これを観た当社の若手社員さんは、このメーカー営業さんの熱意が次のチャンスをつかんだという印象を持ったのだそうです。


そこで、小生は以下のようにコメントしました。


そのお客様の言葉はリップサービスだと思います。
なんでも良いから買ってくれ、というのでは、自分の評価を上げるために商品を買って欲しいとお願いしているのと同じです。
それは熱意ではありません。
本当にお客様にとって使う価値があると信じるならば、食い下がっても良いでしょうが、今回のケースでは、お客様にとってのメリットがまったく見えません。
常にお客様の課題を解決するために、我々は存在するということを忘れないようにしましょう。


小生は、私欲を抑えて公欲のために努力をすれば、必ず営業の神様がご褒美を与えてくれると信じています。


それが実功なのです。


とはいえ、常に売上計画を達成しなければならない営業マンは大変です。


損得と善悪の基準で日々揺れ動きながら仕事をしています。


8月から小生の直下の若手社員さん10名程度に対して、新たな研修を始めます。


そこでは、こうした迷いや疑問について、ヒントを与えながら一緒に考えていく場面を作っていく予定です。


一人でも多くの賢者的営業人を育てて、地域医療に貢献していく所存です。

第899日

【原文】
虚無を認めて徳行を做す勿れ。詭弁を認めて言語と做す勿れ。功利を認めて政事と做す勿れ。詞章を認めて文学と做す勿れ。


【訳文】
虚無(何物も空無という否定的な態度)をもって道徳的行為と考えてはいけない。道理に合わないこじつけの議論をもって名論卓説と考えてはいけない。功名や利得を計る仕事をもって政治上の事柄と考えてはいけない。美しく表現された文章や詩歌をもって真実の文学と考えてはいけない。


【所感】
虚無ということを徳のある行ないだとしてはいけない。詭弁を弄して言語に優れていると思ってはいけない。功利を求めて政治を行ってはいけない。詩文を飾ることを文学としてはいけない、と一斎先生は言います。


孔子の弟子達の中で特に優れた弟子を孔門の十哲と呼びます。


『論語』先進第十一にこうあります。


【原文】
徳行には顔淵・閔子騫・冉伯牛・仲弓、言語には宰我・子貢、政事には冉有・季路、文学には子游・子夏。


【訳文】
徳行のすぐれた者には、顔淵(名は回)、閔子騫(名は損)、冉伯牛(名は耕)、仲弓(名は雍)。言語のすぐれた者には、宰我(名は予)、子貢(名は賜)。政治にすぐれた者には、冉有(名は求)、季路(名は由)。文学には子游(名は偃)、子夏(名は商)がいた。(伊與田覺先生訳)


これを四科十哲と呼びますが、本章の一斎先生の言葉は、この『論語』の四科を念頭に置いて語られているように感じます。


徳行の代表である顔回は、狭くてボロボロの部屋に住み、一椀の飯とコップ一杯の水で一日を過ごすような生活をして、かつそれを楽しんでいたと言います。


一見すると何もなく何もしていない虚無の状態にも見えますが、顔回は常に孔子の教えを実践しており、決して虚無の境地ではありませんでした。


同じく言語の代表である子貢は、智の人で弁舌に優れており、『論語』の名言の中にはこの子貢の言葉が数多くあります。


しかし、子貢は孔子が死ぬと通例の三年の喪に加えてさらに三年、合計六年の喪に服した人で、その言葉には詭弁はありませんでした。(一方、宰我には詭弁を弄する傾向があったように思いますが)


政事の代表である子路は、やや勇気に過ぎる、自意識の強いところはありますが、自分が承諾したことは必ずその日のうちに実行に移したり、孔子からひとつの教えを受けたならば、それを実践するまでは新たな教えを聞くことを避けたという人でもあり、決して功利打算で政治を行なうことはありませんでした。


子路は、命を懸けて主君を守ろうとして、壮絶な死を遂げています。


文学にすぐれた子游・子夏は、孔門の弟子では上記の顔回・子貢・子路を第一世代とするなら、第二世代に属する弟子ですが、孔子の教えを深く理解して後世に伝える重要な役割を果たしました。


彼らの詩文を学ぶ姿勢は、形式に堕すことなく、詩文の中から新たな知を見いだしました。


これら孔門の十哲の言行を学ぶことで、一斎先生が言われている四つの勿れを守ることができます。


四つの勿れに共通するのは、


誠を込めよ  


ということではないでしょうか。


それはそのまま、形より実質を尊んだ孔子の教えでもあります。

第898日

【原文】
自ら欺かず、之を天に事(つか)うと謂う。


【訳文】
自分は自分の真情を偽るようなことはしない。これを天に事えるというのである。


【所感】
自分を欺かない、これが天に仕えるということだ、と一斎先生は言います。


儒学において、自分を欺かないことを「忠」と呼び、身につけるべき大切な徳のひとつに挙げられています。


一方、他人を欺かないことを「信」と呼び、これも大切な徳のひとつです。


そして、この「忠」と「信」をあわせた徳目を「誠」と呼びます。


晩年の安岡正篤先生は、最近は誠がなくなったと嘆いていたそうです。


本章の一斎先生の言葉によれば、誠を失うということは、天に背くことになるということでしょう。


天に背いて生きるということは、宇宙の摂理に反する生き方をするということです。


これではこの世に生まれた意味がありません。


たとえば、会社において上司の指示に納得できないにも関わらず、その指示に従うということも、自分を欺くことになります。


これでは、アドラーが言うように、


他人の人生を生きる


ことになってしまいます。


自分を欺かない(偽らない)ということは、何も悪いことをしない、というような限定的な意味ではなく、自分の気持ちに正直に生きない、ということでもあるのではないでしょうか。


他人を相手にせず、天を相手にせよ 


と喝破した西郷隆盛公は、まさにこのことを深く理解していたということでしょう。

第897日

【原文】
人を知るは難くして易く、自ら知るは易くして難し。但だ当に諸(これ)を夢寐に徴して以て自ら知るべし。夢寐は自ら欺く能わず。


【訳文】
他人のことについて知るのは難しいようであるが易しく、自分のことを知るのは易しいようで難しい。ただ、自分のことは夢に徴して知ることができる。夢は自らを欺くことはできない。


【所感】
他人のことを知ることは難しそうでいて易しく、自分を知ることは易しいようで実は難しい。ただ、それ(自分を知ること)は夢を活用すべきである。夢の中で自分自身を欺くことはできないからだ、と一斎先生は言います。


自己夢分析ですね。


昨日、記載した集団的無意識のことを忘れて、個人的無意識から夢が生まれるとするなら、一斎先生の言うとおり、夢で自分の思い(抑圧された希望や私欲など)を確認することができるでしょう。


小生はこれまで自分の夢を分析して、自分の心の内側にある欲望を見出すということはして来ませんでした。


一斎先生の言うように、夢を作為的に作り出すことはできず、心の内側に閉じ込めたものがそのまま映像となって出てくるのだとすれば、そこに真の自分の思いを見つけることができるのかも知れません。


問題は、小生の場合、睡眠時間が短いからか夢を見ることが稀なことです。


先日、ホリエモンさんの『多動力』という本を読みましたが、彼はあれだけ多忙であっても睡眠は最低6時間、可能であれば8時間とるそうです。


ここ最近の一斎先生の言葉で、自分の生活パターンや睡眠時間について考えさせられています。


睡眠時間が少ないことによる弊害は健康面以外にも意外と多くあることを教えていただきました。


なかなか難しいのですが、6時間睡眠をとることにチャレンジしてみます。

第896日

【原文】
凡そ人、心裏(しんり)に絶えて無き事は、夢寐(むび)に形(あら)われず、昔人(せきじん)謂う、「男は子を生むを夢みず。女は妻を娶るを夢みず」と。此の言良(まこと)に然り。


【訳文】
一般に人は、心中にまったく無い事柄は、夢の中に現われてくることはありえない。昔の人は「男は子供を生む夢を見ることは無く、女は妻を迎える夢を見ることは無い」といった。まことにその通りである。


【所感】
ふつう人間は、心の中にまったく考えたことがないことは、夢にも出てくることはない。昔の人は、「男は子供を生む夢をみることはなく、女は妻をもらう夢をみることはない」と言った。この言葉はまことにその通りである、と一斎先生は言います。


心と夢に関する言葉が続きます。


フロイトやユングらが夢を分析をして、そこからその人の深層心理をつかもうとしたことは有名です。


ただし、夢分析の方法は心理学者によって様々です。


たとえば、


夢には潜在意識が表現される。

夢は、軽蔑された事実の復讐である。

コンプレックスは夢で実現する。 


などです。


ただし、ユングは個人的無意識だけでなく、集合的無意識が夢に現れるとしています。


集合的無意識とは、人類がこれまでに経験してきた記憶のことをいいます。


いわばDNAに刻まれた記憶が夢に出てくるということでしょう。


ユングは、夢の中で象徴的に表現されるものを元型という概念で呼んでおり、集合的無意識は、この元型によって構成されるとしています。


元型には、いくつかのタイプがあるのですが、それを語りだすと膨大なページ数を要しますので、ここでは控えます。


さすがに一斎先生の当時は、そこまで夢について考えられてはいなかったために、個人的無意識に限定された表現となっていますね。


覚えていないだけかも知れませんが、小生はあまり夢を見ませんが、過去にみた夢の中には、自分で意味を理解できなかった夢があったのも事実です。


これがいわゆる元型からくる集合的無意識が作り出した映像なのでしょう。


ただし、基本的には夢は自分の心に思い描いたことがあるものが、映像となっているように思います。


そういう意味では、夢を分析すれば、自分の欲望を客観的に把握できるのでしょうね。

プロフィール

れみれみ