一日一斎物語 (ストーリーで味わう『言志四録』)

毎日一信 佐藤一斎先生の『言志四録』を一章ずつ取り上げて、一話完結の物語に仕立てています(第1066日目より)。 物語をお読みいただき、少しだけ立ち止まって考える時間をもっていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

2017年10月

第992日

【原文】
藝能有る者は多く勝心有り、又驕心(きょうしん)有り。其の藝能有りて而も謙にして且つ遜なる者は、藝の最も秀でたる者なり。勝の反は謙と為り、驕の反は遜と為る。藝能も亦心学に外ならず。


【訳文】
芸能のある人は、たいてい勝気であり、また人におごりたかぶる心がある。芸能があって、その上に謙遜(へりくだり、ゆずる)は人は、芸において最も秀れた人である。勝(まさる)の反対が謙(へりくだる)であり、驕(おごる)の反対が遜(ゆずる)である。このように考えると、芸能もまた心を修養する学問に外ならない。


【所感】
技芸のある人の多くは他人に勝りたいという気持ちが強く、また驕りの心を有していることが多い。技芸がありながら謙虚で謙遜である人というのは、一流の芸人である。勝の反対が謙であり、驕の反対が遜である。つまり、技芸そのものも心の学問に外ならないのだ、と一斎先生は言います。


技術や芸を磨く人がライバルに勝ちたいと思い、実際に勝をおさめると驕りの気持ちが出るというのはよくわかります。


しかし、こういう気持ちが湧くということは、その鍛錬が自己のため、私欲を満たすための鍛錬に過ぎないということかも知れません。


いわば三流芸人のレベルはこういうものでしょう。


しかし、鍛錬を積み一流の域に達した人は、昨日も記載したように、天の妙配を感じて感謝の気持ちを懐くようになります。


つまり、謙虚になるのです。


謙虚になると私欲がなくなります。


私欲がなくなると、無駄な力が抜けて、真の実力を発揮できるようになるはずです。


結局、勝敗を決するキーは、平常心にあります。


心が技術を超えない限り、技術は活かされないのです。

第991日

【原文】
藝能の熟するや、之を動かすに天を以てす。妙は才不才の外に在り。


【訳文】
芸能が円熟して名人の域に達すると、それを動かすものは天であるといえる。名人の妙技というものは、才とか不才とかいうものを超越している。


【所感】
技芸の能力が円熟の域に達すると、その技能の働きは天によるようになる。妙技というのは、才能と不才といったことの外にあるものだ、と一斎先生は言います。


スポーツにしても、芸術にしても、それを極めた達人は必ずといって良いほど感謝の言葉を口にします。


それはおそらく、何か見えない力によって自分が導かれていることを感じるからではないでしょうか?


人は誰しも天命をもって生まれてくると言います。


プロスポーツ選手や芸術家は、若くして天命を見つけることができた人なのでしょう。


天命を果たすために一所懸命に鍛錬を積むと、天の救いや導きを受けることができるのです。


ところが小生のような凡人は、天命が定まっていないために、迷い、時に天を逆恨みすることとなります。


たとえ天命が定まらぬとも、目の前の仕事に最善を尽くせば、いつかは天命に巡り会えるはずです。


天命を知らないのは、知るための努力が足りないのだ。


そう考え、自分を信じて、自分にできることを愚直に続けていきます。

第990日

【原文】
人、智略有る者、或いは藝無く、藝有る者、或いは智略無し。智略は心に在りて藝能は身に在り。之を兼ぬる者は少なし。


【訳文】
優れた計画を持っている人には芸の能力が乏しく、芸の能力のある人には才智ある計画が無い。智略というものは心にあるが、芸能は身体にある。この智略と芸能を兼ねる人は少ない。


【所感】
才智に富んだ謀をめぐらす人は意外と技芸がなく、技芸をもつ人は意外と謀をめぐらせることができない。智略は心に存するものだが、技芸は身体に存する。智略と芸の両方を有している人は少ないものだ、と一斎先生は言います。


ビジネスの基本として、PDCAのサイクルを回す、というものがあることは皆さんもご存じでしょう。


念のために、記載しておくと、


P(PLAN:計画) D(DO:実行) C(CHECK:検証) A(ACTION:改善策実施)
という4つの段階を何度も何度も継続していくことです。


これに関して、若い営業社員さん(新卒から5年生くらい)を見ていると、ふたつの傾向があります。


タイプA:物怖じせず、どんどん積極的にチャレンジするが、計画を立てて実行することが苦手なタイプ

タイプB:慎重に計画を立て過ぎて、行動に移すのが苦手なタイプ 


営業の世界で実績を上げるのは、どちらかといえばタイプAです。


小生は研修やOJTの場面で、若い営業マンには、


DCAでも構わないから、行動することを重視して、多くのミスをし、そこから学べばよい 


と伝えます。


行動を通して経験を蓄積することで、計画や準備をする必要性に自然に気づくはずだ、という考え方です。 


この章でいえば、まずは芸を磨き、その経験を通して智略を磨くというスタンスでしょうか。


理想的な仕事のステップは、


夢を持つ → 心を磨く → 技を磨く 


となることは重々承知しています。


しかし、夢を持たないまま入社してくる若者が多い現代においては、「夢を持て」という前に、「まず目の前にある仕事を通して技を磨け」と指導することは、けっして誤りではないと確信しています。


技芸を磨き続けて行けば、中堅社員と為る頃には智略も身につき、将来リーダーとなった際に、しっかりとPDCAのサイクルを回すことができるようになるはずです。

第989日

【原文】
徳有る者は寡言なり。寡言な者は未だ必ずしも徳有らず。才有る者は多言なり。多言の者は未だ必ずしも才有らず。


【訳文】
徳を具えている人は言葉数が少ない。口数の少ない人は徳が有るとはいえない。才智のある人は言葉数が多いが、口数の多い人は才智が有るとは限っていない。


【所感】
徳のある人は寡黙である。しかし、寡黙な人が必ず徳があるとは限らない。才能のある人は口数が多い。しかし、口数が多い人が必ずしも才能があるとは限らない、と一斎先生は言います。


第412日でも記載しましたが、徳と才に関しては、伊與田覺先生が下記のように述べられており、勉強になります。


人間には「徳」と「才」の両方が大切でありますが、才よりも徳の優れた人を君子といい、徳よりも才のほうが優れている人を小人というのです。
 
また、自分よりも他人を大切にする人を君子といい、自分を中心に動く人を小人といいます。

さらに、「徳」も「才」も両方ともに優れておりながら、なお「徳」のほうが「才」よりも優れている人は「大人」・「人物」という。「賢」 というのもこれにあたります。

同じく「徳」も「才」も優れているけれど、「才」のほうが「徳」よりもな お優れている人を「人才(人材)」というのです。

逆に「才」も「徳」も少ないけれども、「徳」のほうがちょっと優れている人を「賢」に対して「愚」というんです。(『己を治め人を治める道』より)


さしづめ、小生はよくて「愚」といったところです。


人間学を学ぶ人は、当然、君子となることを目指します。


したがって、口数は少なく、必要な時に適宜言葉を発することを意識しなければなりません。


そして、意識しなくても、言葉を少なくし、かつ必要な時にはしっかりと言葉を発することができるようになれば、君子に近づいたと言えるのでしょう。


言葉より先に優しさが心に響くような爺やを目指します。

第988日

【原文】
凡そ剛強の者は与し易く、柔軟の者は怕る可し。質素の者は永存し、華飾の者は剝落す。人の物と皆然り。


【訳文】
大体、気性の堅くて強い人は仲間に入れ易いが、気性の柔弱な人は恐るべきである。飾らない質朴な人は永続きするが、華やかに飾り立てた人ははげ易い。人についても物についても総てこの通りである。


【所感】
概ね、気性が勇猛で強い人は与し易いが、気性の柔軟な人は恐るべきである。飾らない質朴な人は永く栄えるが、華やかに飾り立てた人は没落し易い。人にも物にも言えることだ、と一斎先生は言います。


前半部分は小生にも心当たりがあります。


気性が剛強な人は概して、竹を割ったような性格で、モノの良し悪しをシンプルに判断します。


ところが、性格の軟弱な人は、決断力に乏しいだけでなく、時にまさかといった裏切りをやってのけることがあります。


たとえば、従順なイエスマンを装っていた人物がリーダーに反旗を翻すというのは、古今東西によくある事例です。


後半部分は、質素倹約を旨としていれば、大きな富は得られないかもしれないが、人生は安泰だ、ということでしょう。


人は急成長すると、どうしても驕りが出たり、今までと違う判断をしてしまい、坂道を転げ落ちてしまいがちです。


どんな人と付き合うべきかをよく考え、自らは質素倹約で過ごす。


これが人生を上手に生き抜く要諦なのでしょう。
プロフィール

れみれみ